特集
» 2010年08月19日 11時08分 UPDATE

夏休みの工作特集(2):夜の地球を自作するインテリア“ジオグラフィア”「地軸23.4度 組立式地球儀」 (1/2)

地球儀というと専門店や文具店などで完成品を買うイメージがあるが、中にはキット製品もあるのをご存じだろうか? 今回紹介する「地軸23.4度 組立式地球儀」もその1つ。普通の地球儀とはひと味違う、多面体のインテリア雑貨だ。

[橘十徳,ITmedia]

 自分の手で縮小版の地球を作り上げる喜びを味わえる地球儀のキットは、地図や天文のファンにとって大いに興味をそそられるものがある。しかし、この手の製品は子どもの学習用教材みたいなものが多く、大人の趣味として楽しめるような製品はほとんどなかった。

 今回、ご紹介する「ジオグラフィア 地軸23.4度 組立式地球儀」は、そのような学習用キットとは異なる、今までになかったデザインの地球儀だ。地球儀というと当然のごとく球形を思い浮かべる人が多いと思うが、この地球儀キットはその常識を打ち破る多面体の形をしている。

photo 「地軸23.4度 組立式地球儀」。設置したときに23.4度の傾きとなる

 多面体だから球形のようにコロコロと転がってしまうこともなく、1カ所にしっかりと設置できるわけだが、この製品は設置状態で23.4度と、地軸と同じ傾きになるように設計されている。このアイデアはスゴイ。ふつうの地球儀は軸受によって傾いた状態で設置されているが、このキットは置いただけで23.4度に傾くわけだ。

 多面体という実際の地球とは違ったフォルムをしていながらも、このような基本的なことはきちんと抑えてあるところが渋い。この「ジオグラフィア」というブランドは、等高線の形をしたメモパッドや、大陸の形をしたパズルなど地理に関する商品を数多くリリースしているが、いずれもこだわりを感じさせるものばかりだ。

photo 日本列島の周囲も忠実に再現

蓄光インクで世界の夜景が楽しめる「NIGHT」をチョイス

 このキットには4種類のタイプが用意されている。地球の内部構造を理解できる「3D」。地球表面はブラックとブラウンの2色から選択可能で、内部はオレンジ色にデザインされている。

 白地図が印刷された「BLANK」は、表面に色を塗ったり書き込んだりできるタイプだ。文字を書き込みやすいように少し大きめのサイズなのが特徴で、色はベージュ、グレー、ホワイトの3種類が用意されている。

 さらにもう1つ、「MATERIAL」というタイプもある。これはメタル・レザー・ウッドの3種類の素材をテーマにしたグラフィックパターンが印刷されたもので、コンパクトなサイズとなっている。

 そして今回紹介するのが、表面にクリアな素材を使った「NIGHT」。これは大陸の部分に蓄光インクが印刷されており、暗い中で見るとぼんやりと地球の夜景が浮かび上がってくる。蓄光インクは実際の衛星写真をもとにしているので、人口の多い都市のほうが光るポイントが多く、リアルな情景が楽しめる。

 「3D」と「NIGHT」だけはキットだけでなく完成品もラインアップされており、完成品はキットよりも少し高い値段設定だ。完成品はギフト用にはいいかもしれないが、組み立てもそんなに手間はかからないので、自分用に買うならキットを選ぶのがオススメだ。

 ちなみに今回の「NIGHT」は楽天市場の「地球の歩き方ストア」で購入した。価格は税込みで3360円、送料525円を足して3885円だった。完成品の場合、本体価格は3990円となる。

段ボールとポリプロピレンの2種類の素材を使用

 送られてきたパッケージは薄い紙製のバッグで、とても地球儀のキットが入っているとは思えない。正真正銘、自腹で購入したものなのだが、なぜかパッケージの表に「SAMPLE」のシールが貼られていたのは謎だ。

photo 薄い紙袋のパッケージ
photo パッケージの裏面が組立説明書となっている
photo 左側が紙製パーツで、右側が樹脂製パーツ

 パッケージの中には薄い段ボールとポリプロピレンシートのパーツが入っていた。段ボールのほうは地球儀のコアの部分で、ポリプロピレンのほうが地球の表面部分となる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう