レビュー
» 2010年12月29日 03時17分 UPDATE

「スカパー!HD」初の1契約2番組同時録画、「TZ-WR320P」を徹底的にチェックする(後編) (1/4)

スカパー!HD初の録画機能内蔵チューナー「TZ-WR320P」を徹底レビュー。前編では、基本的な録画機能について触れたが、後編では自動録画やマルチタスク性など、さらに突っ込んだチェックをしていこう。

[坪山博貴,ITmedia]

 前編では、基本的な録画機能について触れた。後編では、2番組同時録画や自動録画、マルチタスク性などをチェックしていこう。

ts_tz01.jpg 「TZ-WR320P」は、スカパー!HDに対応する初の録画機能内蔵チューナー。ダイレクト販売価格は3万2800円。レンタルサービスの「録画機能付きチューナープラン」は月額945円。

シンプルで分かりやすい2番組同時録画

 「TZ-WR320P」の2番組同時録画は、とにかく同時に2番組以内、つまり3番組以上重ならなければ構わないという、シンプルで分かりやすいタイプだ。録画ユニットという概念はなく、録画予約時にもそれを意識する必要はない。録画は、放送波をそのまま記録するタイプ(TS記録)のため、録画モードの変換も存在せず、2つの録画機能は完全に等価だ。また、2番組同時録画中でも録画済み番組の再生や録画予約などが可能。イマドキのBDレコーダーと同等のマルチタスク性を持っている。

ts_tz41.jpgts_tz42.jpg 録画予約時に録画が3番組以上重なると録画予約完了後に警告メッセージが表示される。録画予約完了後なのは、録画予約をキャンセルする番組を選択させるためだ。録画予約が3つ重なった場合には既に録画予約済みの番組も含め、どの録画予約を削除するかをその場で選択できる

 1番組だけを録画している場合、視聴チャンネルは自由に変更が可能で、2番組同時録画になるとチャンネルボタンのアップダウンで録画中の2番組が切り替わる仕様。このあたりも2つの録画ユニットが等価に扱われている証拠といえる部分だ。

ts_tz43.jpg 録画中のチャンネルは画面表示でも確認可能。2番組同時録画中でも内蔵HDDに録画済みの番組は再生できる

 注意したいのは、2つの録画予約と手動録画がかぶってしまうケースだ。手動録画中でも1つ目の予約録画は問題なく開始されるが、2つ目の予約録画は開始されず、手動録画のほうが継続される。手動録画が終了すると録画予約の時間内であれば2つ目も開始されるが、例えば録画予約に気づかずに家族が手動で録画を開始してしまったりすると、2つ目の予約録画が実行されなかったといった悲劇が起きる可能性はある。

 また2番組同時録画中は、DLNAの「お部屋ジャンプリンク」が利用できないため、後述する“スカパー!HD録画”で外部録画先に保存した番組は再生不可だ。ヘビーユーザーはちょっとした制限と感じるかもしれないが、例えばテレビにDLNAクライアント機能があれば、そちらで再生する手もあるだろう。

ts_tz44.jpg これは2番組同時録画中のメニュー。お部屋ジャンプリンクとインターネット機能のみが無効になり、ほかの機能はほとんど実行できる
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.