ニュース
» 2011年04月27日 14時03分 UPDATE

節電にも一工夫:リビングAVの入門機、ヤマハがエントリーAVアンプ「RX-V471」「RX-V571」を発表 (1/2)

ヤマハは、AVアンプの新製品として「RX-V471」「RX-V571」の2機種を6月中旬に発売する。「リビングルームに置く“入門機”としての要素をすべて盛り込んだ」(ヤマハ)というエントリーモデルだ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ヤマハは4月27日、AVアンプの新製品として「RX-V471」「RX-V571」の2機種を発表した。「リビングルームに置く“入門機”としての要素をすべて盛り込んだ」(ヤマハ)というエントリーモデル。価格も抑え、5.1chのRX-V471は定価で4万9350円、7.1chのRX-V571は6万1950円となる。いずれも6月中旬に発売する予定だ。

ts_yv07.jpgts_yv06.jpg 「RX-V471」(左)と「RX-V571」(右)

 新しいハイブリッドICを採用し、ボリュームを上げても上位機のディスクリートアンプに近い音質を実現したというエントリーライン。両モデルの違いは、上記のチャンネル数にくわえ、上位機のRX-571にのみ映像アップスケーリングの回路が盛り込まれていること。またHDMI入力の数がRX-V471は4入力なのに対し、RX-V571はフロント1系統を含む6入力となっている。

ts_yv08.jpgts_yv09.jpgts_yv010.jpg 基本的なデザインは従来機を踏襲したが、右肩に「シネマDSP 3D」のロゴが付き、ボリュームには高級感を演出するスピン加工が施された(左)。「RX-V571」には前面HDMI入力を用意(中)。新しいハイブリッドICでディスクリートアンプに近い音質を実現(右)

 大きなトピックは、ローエンドのRX-V471にも「VPS」(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)を含む「シネマDSP<3Dモード>」が搭載されたことだ。昨年のミッドレンジモデル「RX-V767」から継承したもので、左右後方のサラウンドチャンネルからバーチャル音声を再生し、同時にセンタースピーカーからクロストークキャンセル信号を出して疑似的にプレゼンススピーカーを生成する。フロントプレゼンス(フロントハイト)スピーカーを設置できない環境でも“高さ”方向の音場効果を利用できるのがメリットとなる。なお、RX-V471の登場により、ヤマハのAVアンプはすべて同モードをサポートすることになった。

ts_yv012.jpg 「VPS」(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)のイメージ。疑似的にプレゼンススピーカーを生成して音の密度感を上げる。また、小型スピーカーをラック上に置いているときなどは、音場を上に引き上げて画面前に定位させる効果もある

 そのほかシネマDSP関連では、スクウェア・エニックスのサウンドクリエイターと技術交流を行い、ゲームサウンドに最適チューニングされたゲーム音場をプリセット。またシネマDSP使用時にも圧縮音源の音質を改善する「ミュージックエンハンサー」が併用できるなど、従来のミッドレンジに迫る機能を備えた。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう