ニュース
» 2011年10月17日 23時14分 UPDATE

JVCケンウッド、テレビの音を手元で聞けるワイヤレススピーカー「SP-A750New」を発売

JVCケンウッドは、はっきり音声機能や約20時間の連続使用が可能な大容量電池を内蔵したワイヤレススピーカーシステム「SP-A750」を発売する。

[ITmedia]

 JVCケンウッドは10月17日、ワイヤレススピーカーシステム「SP-A750」を発表した。11月上旬に発売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では2万円前後になる見込みだ。

 テレビの音を手元で聞くためのスピーカーシステム。2.4GHz帯デジタル方式を採用し、障害物やノイズに強く、途切れにくいクリアな音声を伝送できる。また、信号処理によりドラマや映画のセリフといった人の声の帯域を増幅する「はっきり音声機能」を内蔵した。

PhotoPhoto 「SP-A750」のブラックとホワイト

 バッテリーは、一度の充電で約20時間の連続使用が可能。送信機の上に置くだけで充電ができるオンスタンド充電器により、誰でも簡単に取り扱うことができるという。

 サイズは16(幅)×14(高さ)×7.6(奥行き)センチで、重量は約462グラム。本体カラーはブラックとホワイトの2種類が用意されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう