ニュース
» 2012年04月19日 14時55分 UPDATE

RWCのポータブルナビ「X-RIDE」にフルセグ対応機が登場

ポータブルナビゲーションシリーズ「X-RIDE」の春モデル2機種が登場。7インチワイドディスプレイを搭載し、フルセグチューナーを搭載したモデルも加わった。

[ITmedia]

 アール・ダブリュー・シーは、ポータブルナビゲーションシリーズ「X-RIDE」の2012年春モデルを4月25日に発売する。ラインアップは、7インチワイド液晶を搭載し、地上デジタル放送のフルセグ受信に対応した「RM-XP720」(直販価格は3万9800円)およびワンセグ対応の「RM-XR721」(同じく2万9800円)。

PhotoPhoto 「RM-XP720」(左)と「RM-XR721」(右)

 いずれも吸着式スタンドやスタンドカップで簡単に取り付けられるポータブルタイプで、取り付けに利用するスタンド類やホールド用台座、シガーケーブル、ACアダプター、USBケーブルはすべて標準で付属する。

 RM-XP720は、8Gバイトの内蔵メモリにゼンリン製の地図を搭載。「るるぶ」観光データもガイドブック約100冊分を内蔵した。テレビ機能はワンセグに対応する。本体サイズは188(幅)×113(高さ)×13(奥行き)ミリで、重さは285グラム。

 一方のRM-XR721は、シリーズ初のフルセグテレビ内蔵モデル。内蔵フルセグチューナーは、チューナー×2、アンテナ×2の高感度仕様。バッテリー内蔵タイプのため、アウトドアでもフルセグテレビを楽しむことができる。内蔵メモリの容量は8Gバイトで、搭載地図データはRM-XR2720と共通となっている。

 本体サイズは187(幅)×118(高さ)×17(奥行き)ミリで、重さは310グラム。別売のブースターつきフィルムアンテナも用意されており、こちらの価格は4800円となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.