ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RWC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「RWC」に関する情報が集まったページです。

個人とチームをどうリンクさせるのか:
ラグビー前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が後輩たちに語る「チームの作り方」
 2019年、ラグビーワールドカップ(RWC)によってラグビーは社会現象となるほど盛り上がりを見せた。ラグビー日本代表の元キャプテン、廣瀬俊朗は試合の解説以外にも、自身の会社を経営するなど起業家としても活躍している。後編ではBBTがラグビーチームのリコーブラックラムズ向けに全10回の人材育成講義「MFP(Make Future Project)」を実施しており、その中で行った廣瀬の講義の様子をレポートする。さまざまなバックグラウンドを持つメンバーをまとめてきた廣瀬の知見を生かした講義だ。(2020/3/19)

常勝チームの根底にあるもの:
ラグビー前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が語る「リーダーの在り方」
2019年、ラグビーワールドカップ(RWC)によってラグビーは社会現象となるほど盛り上がりを見せた。ラグビー日本代表の元キャプテン、廣瀬俊朗さんは試合の解説以外にも、自身の会社を経営するなど起業家としても活躍している。廣瀬さんに「リーダー論」を中心にビジネスにも応用できるチーム作りの考え方を聞いた。(2020/3/18)

今日のリサーチ:
2020年の旅行市場動向 訪日外国人は3400万人に上る見通し――JTB調べ
東京2020オリンピック・パラリンピックが本番を迎える2020年、訪日外国人旅行者数は7.9%増加して3430万人になる見通しです。(2020/1/10)

「Twitterトレンド大賞2019」が発表 「松本動きます」が“最多いいね”に
「最も盛り上がった新規アカウント」は嵐の公式。(2019/12/27)

2019年の振り返りと2020年の抱負を幹部が語る:
Twitterにあって他の動画プラットフォームにない提供価値は「話題化」と「話題に乗る」
令和への改元やラグビーワールドカップ2019日本大会をはじめとする大イベントをはじめ、2019年も日本で圧倒的な存在感を示したTwitter。現況と2020年に向けたビジネス展開について幹部が語った。(2019/11/28)

これが未来か ラグビー「自由視点映像」の没入感が話題に キヤノンにすごさを聞いてみた
キヤノンの技術は世界一ぃぃぃ!(2019/10/26)

ビジネスを通して実現したいこと:
ラグビー選手から起業家へ 前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が示す「セカンドキャリア」の作り方
空前のラグビーブームに沸く一方、まだまだ課題があるのが、選手たちが引退した後の「セカンドキャリア」だ。ラグビー日本代表のキャプテンをかつて務めていた廣瀬俊朗さんは選手たちの「セカンドキャリアの道筋を示したい」と語る。廣瀬さんに、日本代表を率いてきたリーダーシップの秘訣や、引退後のキャリア、起業した経緯について聞いた。(2019/10/20)

史上初の決勝トーナメント進出 ラグビー日本代表がスコットランドに勝利でネットに歓喜あふれる
日本代表がスコットランドに28対21で勝利し1次リーグを4連勝。(2019/10/13)

スマホでもMYマイク:
RWC、スマホ向けカラオケマイク「RMC100」――「JOYSOUND カラオケ+」も楽しめる
スマートフォンにつないで手軽にカラオケが楽しめる「SMARTPHONE KARAOKE MIC」(スマートフォンカラオケマイク)が登場する。(2014/7/16)

約51万キロの住宅地用細道路までカバーしたバイク用ポータブルナビ「RM-XR432MC」
アール・ダブリュー・シーが、バイク用ナビゲーションシステム「RM-XR432MC」を発売した。約51万キロの住宅地用細道路まで収録したバイクナビ用マップデータを採用。(2013/4/8)

自車アイコンはねんどいろ!?:
藤田咲さん新規録音、初音ミク仕様のタブレットナビがRWCから登場
アールダブリュシーが「初音ミク タブレットナビ starring 藤田咲」を発表した。3月9日から先行予約を開始する。(2013/3/7)

ミクだらけのタブレット「初音ミク タブレットナビ starring 藤田咲」発売
カーナビの音声案内は藤田咲さん。外観や壁紙、起動画面などミクをモチーフにデザインした。(2013/3/7)

宇宙船や古墳みたいなデザインも 新国立競技場はこの中から選ばれる
なにこれ、ぜんぶかっこいい!(2012/10/31)

「反乱軍モード」もあり:
ベイダー卿がナビゲート、「STAR WARS ポータブルナビゲーション」
ディノスから、映画「スター・ウォーズ」の世界観をカーナビゲーションのシステムに組み込んだ「STAR WARS ポータブルナビゲーション(RM-500SW)」が登場。音声ガイダンスには日本語吹き替え版の声優陣を起用した。(2012/7/20)

一緒にドライブ:
3人の女性キャスターが声と写真で道案内、「セント・フォースナビ」新発売
中田由紀さん、小林麻耶さん、皆藤愛子さんの3人がオリジナル音声と画像でルートを案内してくれるカーナビが登場。一緒にドライブしている気分を味わえる。(2012/6/27)

RWC、画面が大きくなったバイク用ポータブルナビ「X-RIDE XR430MC」
アール・ダブリュー・シーは、見やすい4.3インチ液晶パネルを搭載したバイク用ポータブルカーナビゲーションシステム「X-RIDE XR430MC」を発売する。ゼンリン地図データを収録。(2012/4/24)

バッテリーも内蔵:
RWC、ワイヤレスのリアスピーカーが付属するサウンドバー
アール・ダブリュー・シー(RWC)から、ワイヤレスかつバッテリー内蔵のリアスピーカー2本が付属するサウンドバーシステム「SE5130S」が登場する。(2012/4/19)

RWCのポータブルナビ「X-RIDE」にフルセグ対応機が登場
ポータブルナビゲーションシリーズ「X-RIDE」の春モデル2機種が登場。7インチワイドディスプレイを搭載し、フルセグチューナーを搭載したモデルも加わった。(2012/4/19)

マヤがナビゲート♪:
豪華声優陣を起用、RWCから「エヴァンゲリオン ポータブルナビ」
アール・ダブリュー・シーから、豪華オリジナル声優陣を起用した「エヴァンゲリオン」仕様のポータブルナビゲーションシステム「エヴァンゲリオン ポータブルナビ RM-NV500EV」が登場。(2012/4/13)

RWC、防水仕様のバイク用ポータブルナビ「RM-XR351MC」
アール・ダブリュー・シーは、同社カーナビブランド「X-RIDE(エクスライド)」の新製品として、3.5インチ液晶を搭載した防水仕様のバイク用ポータブルナビゲーション「RM-XR351MC」を発売する。(2011/7/14)

実況風音声も:
六甲おろしボタン搭載の“阪神タイガースナビ”、RWCから
アール・ダブリュー・シーは、「阪神タイガース」をモチーフとしたポータブルナビゲーション「CN-700THT」を発売する。カーナビ本体にはTHや阪神タイガースのロゴマークをプリント。また、案内音声のオプションボイスには掛布氏を起用している。(2011/6/27)

ワンセグチューナー内蔵:
アールダブリューシー、7インチワイド液晶搭載のポータブルナビ「RM-XR700」
アール・ダブリュー・シーは、同社カーナビブランド「X-RIDE(エクスライド)」の新製品として、ワンセグチューナーを搭載した7インチワイド液晶採用のポータブルナビゲーション「RM-XR700」を発売する。(2011/6/24)

これなら置ける?:
RWC、幅30センチの小型フロントサラウンドシステム
アールダブリューシーは、幅約30センチの小型フロントサラウンドシステム「SE5100S」を発表した。ブラックとホワイトの2色を5月10日に発売する。(2011/4/12)

RWC、耳かけイヤフォン型のコンパクトBluetoothヘッドセットなど2製品を発売
アール・ダブリュー・シーは、コンパクトBluetoothヘッドセット、およびイヤフォン一体型MP3プレーヤーの2製品を発表した。(2009/6/16)

ワンセグ録画対応:
RWC、ワイドVGA画面搭載のポータブルナビ
アールダブリュシーは、韓国CARPOINTとの共同開発によるポータブルナビ“XROAD”「Z7000」を発表した。800×480ピクセルのワイドVGA液晶を搭載し、地図の細かい部分まではっきり表示できる。(2007/11/5)

バイク専用ポータブルナビ、RWCが発売
アールダブリュシーは、バイク用のポータブルナビゲーションシステム“XROAD”「A4000」を11月末に発売する。本体を防滴仕様にしたほか、Bluetoothを搭載するなどバイク専用設計。(2007/11/5)

CEATEC JAPAN 2007:
バイク専用モデルも登場――韓国発のPND「XROAD」
韓国のカーナビ市場で40%のシェアを誇るCARPOINT。日本での販売を行なうRWCとともにブースを展開していた。高精細液晶モデルから、バイク用のPND新モデルも展示。(2007/10/3)

RWC、1080P対応のHDMIセレクター2機種をリリース
アールダブリューシー(RWC)は、HDMIセレクターの新製品2モデルを2月上旬に発売する。4ポートの入力端子を持つ「RM-HDC4101」(1万4800円)と3ポートの「RM-HDC3101」(1万2800円)をラインアップ。(2007/1/16)

2Gバイトで9980円のスポーツ型MP3プレーヤー
アールダブリューシーが、スポーツタイプのフラッシュメモリMP3プレーヤー「MUSIC MAP RWC-MM003」をソフマップにて販売開始。大容量2Gバイト&2色有機LEDディスプレイ装備で1万円を切る低価格を実現。(2007/1/12)

週末アキバPickUP!
「何となく」行列ができていた年明けのアキバ
多くのPCパーツショップが年始めの営業を始める1月2日にアキバを巡回したところ、目的のあいまいなの行列がいくつもできていた。(2007/1/8)

RWC、iPod用の真空管アンプスピーカーセット
アール・ダブリュー・シーはiPod用の真空管アンプセット「RM-VA1S」を発売する。直販サイト価格は6万9800円。(2006/12/27)

大胆にワイヤレス:
RWC、安くなった“iPod直挿しヘッドフォン”を発売
アール・ダブリュー・シーは、iPod nano用のステレオヘッドフォン「neoTUNE」を12月1日に発売する。2月に発売した「mTUNE」に続く“直挿し”第2弾。(2006/11/28)

RWC、低音に反応して振動するバイプレーションヘッドフォン
アール・ダブリュー・シーは低音に反応して振動するヘッドフォン「itan 振動ヘッドフォン ITN-VR10」を6月26日より販売開始する。スイッチ1つで通常のインナーイヤーヘッドフォンとしても利用可能(2006/6/15)

コラム:
携帯動画プレーヤーは第2のウォークマンか
大型液晶と大容量ストレージを備えた新世代ともいえる携帯動画プレーヤーの市場が華やかになってきた。技術の革新は喜ばしいが「音楽の次は動画」とスムーズに移行するのか、少しばかり考えてみた。(2006/3/1)

レビュー:
iPod内蔵型ヘッドフォンを使ってみた
RWCが販売開始した「mTUNE」は、ハウジングに直接iPodを差し込むという大胆な手法を採用することによって、iPodを“コードレス”で楽しめるヘッドフォン。40ミリドライバーを搭載した密閉型で、そのサウンドもなかなかだ。(2006/2/7)

USBフォン:
RWC、デザインにこだわったSkype対応USBフォン
アールダブリューシーは、デザインや塗装を特徴とするSkype対応USBフォン「itan B1」を2月末より発売する。価格は5980円。(2006/2/7)

RWC、iPodを内蔵する“コードレス”ヘッドフォンを発売
アールダブリューシーは、米macallyのiPod Shuffle/nanoを“内蔵”するヘッドフォン「mTUNE」を2月末より販売開始する。操作は手探りになるが、ケーブルレスで音楽が楽しめる。(2006/2/3)

RWC、低価格な折りたたみ式ノイズキャンセリングヘッドフォン
アールダブリューシーはコンパクトなノイズキャンセリングヘッドフォン「AREX noise9」(アレックス ノイズナイン)を1月末より販売開始する。(2006/1/20)

RWC、AV機器からPSP形式のファイルを直接生成できるレコーダー
アールダブリューシー(RWC)はAV機器から直接、PSPフォーマットの動画ファイルを生成できるレコーダー「itan Movie Hunter PVR1000」を11月中旬より販売する。実売想定価格は1万5800円。(2005/9/27)

“シャカリキに”走っても大丈夫なプレーヤー、RWCから
アールダブリューシーはスポーツタイプのフラッシュメモリプレーヤー「Arex Shacariki」(アレックス シャカリキ)を発売する。本体がラバーコートされているほか、専用のアームバンドも付属。(2005/8/3)

RWC、SDカード&内蔵メモリのMP3プレーヤーを発売
アール・ダブリュー・シーは、512Mバイトの内蔵メモリにくわえ、SDカードスロットを備えたMP3/WMAプレーヤー「Atomosphere」(アトモスフィア)を7月23日に発売した。ソフマップ限定モデル。(2005/7/28)

RWC、「itan Egoiste」の“Light”な新製品
アール・ダブリュー・シー(RWC)は7月11日、ヘッドフォン型のMP3プレーヤー「itan Egoiste-Light」を発表した。(2005/7/11)

バイヤーズガイド
“夏ボで買いたい”デジタルオーディオプレーヤー(フラッシュメモリ編)
“夏のボーナス”のシーズンが到来し、フラッシュメモリプレーヤーの購入・買い替えを考えている人も多いだろう。そこで、LifeStyleでレビューしたお勧めモデルをピックアップしてみた。(2005/6/21)

RWC、有機EL搭載の小型多機能フラッシュメモリプレーヤー
アール・ダブリュー・シーは小型フラッシュメモリプレーヤー「Arex Zero」を発表した。2色表示の有機ELディスプイレイパネルのほか、録音可能なFMラジオなどを搭載する。(2005/6/15)

レビュー
軽快さが魅力の耳かけ型コードレス――ビクター「XA-AL55」
日本ビクターの「XA-AL55」は、「Be!」シリーズを連想させるオープンエア型ヘッドフォンにMP3プレーヤーを内蔵した製品。コードレス(?)の快適さが最大の魅力だ。(2005/6/13)

バイヤーズガイド
ポータブルプレーヤーが欲しい!(フラッシュメモリ編)
小型軽量さに加えて低価格化が進んだこともあり、フラッシュメモリを搭載したポータブルプレーヤーが人気だ。購入前にチェックすべきポイントをいくつかあげてみた。(2005/6/7)

RWC、小型軽量アルミボディに有機EL表示の携帯プレーヤー
アール・ダブリュー・シーが、シリコンオーディオプレーヤー「Arex bezel(ベゼル)」を発表。アルミニウム製小型軽量ボディに、2色表示の有機ELディスプイレイパネルを搭載。(2005/5/11)

RWC、512Mバイトメモリ+液晶ディスプレイで1万円以下の低価格プレーヤー
アール・ダブリュー・シーは、液晶ディスプレイを備えた低価格デジタルオーディオプレーヤー「SoundLife」を発表、4月下旬より発売する。市場想定価格は9800円程度の見込みで、全国ケーズデンキ店舗のみでの限定販売となる。(2005/4/19)

レビュー:
“ガツン”とくるヘッドフォン型MP3プレーヤー「itan Egoiste」
RWCの「itan Egoiste」は、フラッシュメモリ内蔵のヘッドフォン一体型MP3プレーヤー。「ガツンと体に響く低音を聞きたい」というワガママから生まれた40ミリ径ドライバー・密閉型ヘッドフォンのインパクトは? (2005/4/15)

RWC、ヘッドフォン型のオーディオプレーヤー「itan Egoiste」
RWCは、ヘッドホン型のデジタルオーディオプレーヤー「itan Egoiste」(アイタン エゴイスト)を4月下旬に発売する。40ミリ径のドライブユニットを持つヘッドフォンに音楽再生機能を内蔵した。最大出力は23ミリワット×2。(2005/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。