ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドン・キホーテ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドン・キホーテ」に関する情報が集まったページです。

商品開発手法も刷新:
ドンキが「情熱価格」に関しておわび 「いまひとつ面白みに欠ける普通のPBになってしまった」
ドン・キホーテがプライベートブランド(PB)「情熱価格」を刷新する。運営会社は「いまひとつ面白みに欠ける普通のPBになってしまった」とおわび文を発表。ロゴを刷新するとともに、商品開発手法を見直していく。(2021/2/25)

ドン・キホーテが「ヘッドフォン一体型VRゴーグル」を発売 税別3980円で2月25日から順次発売
ドン・キホーテが、プライベートブランド「情熱価格」のリニューアルを発表。その第1弾商品の1つとして、VRゴーグルとBluetoothヘッドフォンを一体化したものを2月25日から順次発売する。4月には、4Kチューナーレスの4K HDR液晶TVの発売も予定している。(2021/2/24)

「売上が伸び悩んでいます」 ドンキ、PB商品の“ダメ出し”を募集する特設サイト 140文字以内で募集
商品に対する“ダメ出し”を募集するWebサイト「ダメ出しの殿堂」をドン・キホーテが公開した。売り上げが伸び悩んでいる商品などを赤裸々に紹介し、消費者から寄せられた意見を生かす商品開発サイクルの実現につなげたいという。(2021/2/24)

売上高1兆円を目指す:
香港1号店は「3日で桃10トン」 “日本産”を売りまくる海外版ドンキの正体
ドン・キホーテを運営するPPIHは海外事業を強化。アジアや北米の店舗数を増やしている。日本産の農畜水産物の輸出を促進する会員制組織も設立し、勢いが止まらない。(2021/1/21)

ドン・キホーテ、着脱キーボード付きで税別1万9800円のCeleron搭載Windowsタブレット
ドン・キホーテは、着脱式キーボードを付属したエントリー価格帯のWindowsタブレット「ジブン専用PC&タブレットU1C」を発売する。(2020/12/22)

ソーシャルディスタンス保つ:
ドン・キホーテ新宿歌舞伎町店が大幅リニューアル コロナ禍の影響で
ドン・キホーテ新宿歌舞伎町店がリニューアル。ソーシャルディスタンスを保ちやすくした。コロナ禍の影響でレイアウトを変更。(2020/12/22)

金融商品取引法違反の疑い:
前社長の逮捕を受けてドンキ運営会社がコメントを発表 おわびの言葉も
ドン・キホーテなどを運営するPPIHの前社長が逮捕された。同社はコメントを発表。謝罪の言葉もあった。(2020/12/4)

約6万円の電動アシスト自転車、ドンキが発売
ドン・キホーテが電動アシスト自転車「EVA PLUS」を発売。価格は5万9800円(税別)。(2020/11/19)

王手飛車取り:
島忠へのTOB どちらに転んでもニトリにはメリットしかない理由
ニトリが島忠の買収に名乗りを上げた。筆者は仮に買収できないとしても、ニトリにとっては大きなメリットがあると指摘する。その姿は、かつてのドン・キホーテと重なるという。(2020/10/31)

ドン・キホーテが“イチキュッパ”で買える格安14型ノートの新モデルを発売
ドン・キホーテは、低価格ノートPC「MUGA(無我)ストイックPC」の新モデルを発表した。(2020/8/24)

最高速度は約35キロ:
公道でも走行できる電動キックスクーター登場、価格は3万9800円
FUGU INNOVATIONS JAPANは6月上旬より、公道でも走行できる電動キックスクーターを、ドン・キホーテ系列店舗で発売している。価格は3万9800円(税別)。(2020/6/17)

超小型PCの道:
“イチキュッパ”の実力は? ドン・キホーテの激安超小型PC「NANOTE」のいい所を探してみよう
税別1万9800円という破格値で話題を呼んだ、ドン・キホーテの超小型ノートPC(UMPC)「NANOTE」。主に性能面で酷評も見受けられるが、本当にメリットはないのだろうか。実際に使ってみて、いい所を探ってみよう。(2020/6/10)

ドンキから初の4Kチューナー内蔵液晶テレビ 50V型は税別4万9800円
ドン・キホーテは、同社初のチューナー内蔵液晶テレビ「4Kチューナー内蔵 QLED 液晶テレビ」を発表した。価格は50V型「LE-501QC4KN-BK」が4万9800円(以下税別)、58V型「LE-581QC4KN-BK」が 5万9800円。(2020/5/14)

ドンキ、1万9800円の7型UMPC 360度回転ヒンジ採用、Win10搭載
ドン・キホーテが、7型のタッチディスプレイを搭載した2in1ノートPC「NANOTE」(ナノート)を5月1日に発売する。(2020/4/27)

ドン・キホーテ、税別1万9800円のAtom搭載2in1ミニノートPC
ドン・キホーテは、タブレットスタイルでの利用にも対応したエントリー仕様の2in1ミニノートPC「NANOTE」を発表した。(2020/4/27)

ドンキ、税別5980円の骨伝導ワイヤレスイヤフォン発売へ 「品質・機能・デザイン性にこだわった」
ドンキが税別5980円の骨伝導ワイヤレスイヤフォン「JOGBONE」を発表。発売日は2月21日で、全国のドン・キホーテ系列店舗で取り扱う。「品質・機能・デザイン性にこだわりながら、お求めやすい価格で提供する」としている。(2020/2/19)

求める人材像にもマッチ:
社内報の名前は「月刊はらわた」 ドンキ運営会社のPPIHが「幹部への文句」をそのまま掲載する理由
ドン・キホーテなどを運営するPPIHが社内コミュニケーションを強化。社内報の「月刊はらわた」を活用している。従業員から寄せられた幹部に対する文句も掲載している。(2020/2/14)

カルビー×ドンキがポテチ「これは何味?」発売 原材料表示をみても分からない味が特徴
ドン・キホーテ限定で販売。(2020/2/11)

進むユニーとドンキ流の融合:
アピタ・ピアゴを“ドンキ化”したら周囲のアピタ・ピアゴが売り上げ増の謎
「ドン・キホーテ」運営会社の子会社となったユニー。ユニーが運営するアピタやピアゴがどんどん“ドンキ化”している。ある店舗を業態転換したところ、周囲の既存店の売り上げが増える傾向が強まっている。(2020/2/7)

ドンキが税別2万9800円の21.5型液晶一体型デスクトップPCを発売
ドン・キホーテは、21.5型フルHD液晶ディスプレイを備えた一体型デスクトップPC「MONIPA」を発表した。(2019/10/10)

ドン・キホーテが電子コミックに特化したAndroidタブレットを9980円で発売 新書版コミックスとほぼ同サイズに
Androidタブレットとしても使えます。(2019/9/25)

ドンキ、1万7800円の4Kビデオカメラ発売 YouTube用の動画撮影などの用途見込む
ドン・キホーテが、4K動画の撮影に対応したビデオカメラ「4KビデオカメラDV-AC3-BK」をPBから発売する。発売日は9月27日で、価格は1万7800円(税別)。YouTube用の動画撮影などの用途を見込む。(2019/9/24)

ドンキ、9980円のプロジェクター発売 ホームシアター需要など見込む
ドン・キホーテは、プライベートブランド「情熱価格」からプロジェクター「DVD プロジェクター」を9980円(税別)で10月1日に発売。(2019/9/20)

祝・ドンキ開業30周年! ドン・キホーテのドンペンとハローキティのふんわりかわいいコラボグッズが新発売
パジャマ姿がキュート!(2019/4/5)

袖に「驚安」、胸にあのペンギン ドン・キホーテの限定アパレルアイテムがZOZOに登場
あの安そうな「398」の文字など、ドンキらしいロゴを大胆にあしらった服。(2019/2/18)

ドンキのロゴを「ファッショナブルに」身にまとう ZOZOにコラボTシャツ
「ZOZOTOWN」がドンキとコラボ。「ドン・キホーテ」の文字などをあしらった大胆なデザインを、ファッショナブルにアレンジしたという。ドン・キホーテ1号店開業から30周年を記念した商品で、3月4日まで数量限定で予約販売する。(2019/2/18)

ドンキ、360度カメラ搭載ドラレコを1万2800円で発売 「市場最安水準」
ドン・キホーテは、プライベートブランド「情熱価格プラス」から、360度カメラを搭載したドライブレコーダーを1万2800円(税別)で2月9日に発売する。「市場最安値水準」としている。(2019/1/30)

SNSのつぶやきから分析:
中国人が日本でしたいのは森林浴に握手会!? 意外な訪日旅行トレンド
SNSから中国人が日本旅行に求めることを調査。「したいこと」では森林浴や握手会が上位に。「行った場所」だと「ドン・キホーテ」などが浮上した。(2019/1/11)

全国のドンキで買える:
ドンキ、7980円の新型ワイヤレスイヤホン発表 バッテリー、コードをつなげる「3WAY」
ドン・キホーテが税別7980円の「3WAY ワイヤレスイヤホン」を発表。10月26日に発売する。ワイヤレスタイプとしても使えるが、ケーブルなどの接続に対応し、計3通りの使い方ができる。(2018/10/24)

冬の商品なのに夏にも売れる:
「なぜ売れるか分からない」 ドンキ化したファミマの人気商品に幹部が困惑
ドン・キホーテのノウハウを取り入れた共同実験店が6月にオープンした。店舗の売れ筋商品を分析したところ、ある商品が上位に食い込んだ。ファミマの幹部は「なぜ売れるのか分からない」と原因を分析しきれていない。(2018/9/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
西友の買収にドンキが前向き、勝算はあるのか?
米ウォルマートが西友の売却を検討していると報道され、ドン・キホーテが買収に前向きな姿勢を示している。もしドンキが西友の買収に成功すれば、国内の小売業界の地図は大きく塗り変わるはず。ドンキはどのような将来像を描いているのだろうか。(2018/8/30)

渋谷・道玄坂にドンキ初の28階建て超高層複合ビル、周辺環境の課題も解決
ドン・キホーテは、再開発が進む渋谷エリアで、同社初の超高層複合ビルの建設を計画している。計画地は「ドン・キホーテ渋谷店」跡地の一部を含めた道玄坂二丁目の敷地で、ここに地上28階建ての店舗、ホテル、オフィスが入る複合施設を2022年の完成を目指し建設する。(2018/8/16)

ビジネスパーソンの獲得目指す:
ドンキの小型店「ピカソ」、目黒駅近に出店 事務用品・弁当など充実
ドン・キホーテの小型店「ピカソ」がJR目黒駅から徒歩約2分のエリアにオープンする。領収書などの事務用品を充実させ、ビジネスパーソンの獲得を図る。弁当なども販売する。(2018/8/6)

肉眼でも景色は楽しめる:
ドンキの観覧車「えびすタワー」にVRゴーグル、何が見えるのか
ドン・キホーテ道頓堀店には観光名所となっている観覧車「えびすタワー」がある。ドンキは8月1日からVR動画を使ったサービスを開始する。肉眼で景色を楽しめるのに、わざわざ観覧車の乗客にVRゴーグルを提供する理由とは?(2018/7/31)

ビジネスモデルを徹底検証:
ドンキはなぜここまで成長できたのか、そして何を目指しているのか
ドン・キホーテの快進撃が止まらない。29期連続の増収増益を達成する見込みであり、コンビニやスーパーが競ってそのノウハウを学ぼうとしている。ドンキの強さの秘密はどこにあるのか。そして、どんな進化をしようとしているのか。(2018/7/31)

ドンキ「安全が確保できないため利用停止する」 MEGAドン・キホーテ立川とテナントのサバゲーフィールドが対立
何があったのか。(2018/7/19)

Wi-Fiも完備:
ドンキ店内に「宅配ロッカー」「フリースペース」出現 多様なニーズに対応
MEGAドン・キホーテ ラパーク成東店(千葉県山武市)の内部に「宅配ロッカー」と「フリースペース」が設置される。再配達の削減と顧客満足度の向上が狙い。(2018/7/10)

ドン・キホーテ、4K動画対応のアクションカメラ 6980円
ドン・キホーテが、4K動画撮影に対応するアクションカメラ「コンパクト防水4K ULTRAHD カメラ」を7月4日に発売する。6980円(税別)。(2018/7/2)

防水性能など充実:
ドンキ、6980円のアクションカメラ発売へ 4K動画撮影に対応
ドン・キホーテが、アクションカメラの第2弾を7月4日に発売する。4K動画撮影に対応したほか、周辺機器が充実した。価格は税別6980円。(2018/6/27)

ファミマとドンキが共同実験店舗 「リアルならではの体験を」
ファミリーマートとドン・キホーテが共同実験店舗をスタート。両社のノウハウを生かし、リアル店舗ならではの買い物の楽しさを追求するという。(2018/5/28)

ドン・キホーテ、1万9800円の2in1ノートPCを6月8日に発売 メインメモリ4GB・内蔵ストレージ32GB
従来機からメモリ倍増。(2018/5/23)

SD対応容量、液晶も向上:
ドンキの1万9800円Windowsタブレット、メモリ倍増
ドン・キホーテが、2in1 PC「ジブン専用 PC&タブレット3」を6月8日に発売する。システムメモリを従来の2GBから4GBに倍増した。SDカード容量を拡大し、液晶パネルの材質も変更した。(2018/5/22)

ドンキ、メモリ4GBに倍増した10.1型2in1タブレット 税別1万9800円
ドン・キホーテは5月22日、同社プライベートブランド「情熱価格」の新製品で2in1ノートの「ジブン専用PC&タブレット3」を発表した。(2018/5/22)

売り上げは好調:
離島に進出するドンキ 客の半分は外国人
ドン・キホーテが離島に出店している。16年にとある島に出店したところ業績が好調だったため、別の島への進出も計画しているという。いったいどのような狙いがあるのだろうか。(2018/5/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“相撲界のドン・キホーテ”を気取った貴乃花親方の誤算
貴乃花親方の没落ぶりが哀れである。元横綱日馬富士の暴行事件が発覚した当初は間違いなく世間のヒーローだったのに、いまは地位や名誉を失い、年収も大幅に減少する。なぜこのような事態に陥ったのかというと……。(2018/4/13)

ドンキの低価格4K液晶テレビがスペックアップして再登場
ドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格 PLUS」の新製品として、「50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ」の第3弾を発売した。価格は据え置きでスペックアップを図っている。(2018/3/9)

衣料、住宅用品も販売:
ファミマ・ドンキの新型店、名称に9年ぶり「ユニー」 なぜ?
ユニー・ファミリーマートHD傘下のユニーとドンキホーテHDが運営予定の新型店舗名が「MEGA ドン・キホーテ UNY」に決定。店舗名に「ユニー」が入るのは9年ぶり。(2018/1/12)

製品分解で探るアジアの新トレンド(23):
ドンキ“衝撃の1万円台PC”、影の立役者は中国製チップだった
ドン・キホーテがプライベートブランドのPCとして発売した「MUGA ストイックPC」。本体価格で1万9800円という衝撃の価格を、なぜ実現できたのか。その裏には、実力を伴った中国製チップの存在があった。(2017/12/11)

ドンキ・湖池屋がコラボ:
片手でOK「ワンハンドポテチ」登場 スマホ汚さず間食
ドン・キホーテが、湖池屋とコラボしたポテトスナック「ONE HAND POTECHI(ワンハンドポテチ)」を発売。中身を直接口に流し込める容器を採用した点が特徴。(2017/12/1)

ドンキ、1万9800円の“激安”ノートPC 14インチのフルHD対応
ドン・キホーテが、14インチのフルHD対応ノートPC「MUGA ストイックPC」を12月に発売する。(2017/11/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。