ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ドン・キホーテ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドン・キホーテ」に関する情報が集まったページです。

祝・ドンキ開業30周年! ドン・キホーテのドンペンとハローキティのふんわりかわいいコラボグッズが新発売
パジャマ姿がキュート!(2019/4/5)

袖に「驚安」、胸にあのペンギン ドン・キホーテの限定アパレルアイテムがZOZOに登場
あの安そうな「398」の文字など、ドンキらしいロゴを大胆にあしらった服。(2019/2/18)

ドンキのロゴを「ファッショナブルに」身にまとう ZOZOにコラボTシャツ
「ZOZOTOWN」がドンキとコラボ。「ドン・キホーテ」の文字などをあしらった大胆なデザインを、ファッショナブルにアレンジしたという。ドン・キホーテ1号店開業から30周年を記念した商品で、3月4日まで数量限定で予約販売する。(2019/2/18)

ドンキ、360度カメラ搭載ドラレコを1万2800円で発売 「市場最安水準」
ドン・キホーテは、プライベートブランド「情熱価格プラス」から、360度カメラを搭載したドライブレコーダーを1万2800円(税別)で2月9日に発売する。「市場最安値水準」としている。(2019/1/30)

SNSのつぶやきから分析:
中国人が日本でしたいのは森林浴に握手会!? 意外な訪日旅行トレンド
SNSから中国人が日本旅行に求めることを調査。「したいこと」では森林浴や握手会が上位に。「行った場所」だと「ドン・キホーテ」などが浮上した。(2019/1/11)

全国のドンキで買える:
ドンキ、7980円の新型ワイヤレスイヤホン発表 バッテリー、コードをつなげる「3WAY」
ドン・キホーテが税別7980円の「3WAY ワイヤレスイヤホン」を発表。10月26日に発売する。ワイヤレスタイプとしても使えるが、ケーブルなどの接続に対応し、計3通りの使い方ができる。(2018/10/24)

冬の商品なのに夏にも売れる:
「なぜ売れるか分からない」 ドンキ化したファミマの人気商品に幹部が困惑
ドン・キホーテのノウハウを取り入れた共同実験店が6月にオープンした。店舗の売れ筋商品を分析したところ、ある商品が上位に食い込んだ。ファミマの幹部は「なぜ売れるのか分からない」と原因を分析しきれていない。(2018/9/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
西友の買収にドンキが前向き、勝算はあるのか?
米ウォルマートが西友の売却を検討していると報道され、ドン・キホーテが買収に前向きな姿勢を示している。もしドンキが西友の買収に成功すれば、国内の小売業界の地図は大きく塗り変わるはず。ドンキはどのような将来像を描いているのだろうか。(2018/8/30)

渋谷・道玄坂にドンキ初の28階建て超高層複合ビル、周辺環境の課題も解決
ドン・キホーテは、再開発が進む渋谷エリアで、同社初の超高層複合ビルの建設を計画している。計画地は「ドン・キホーテ渋谷店」跡地の一部を含めた道玄坂二丁目の敷地で、ここに地上28階建ての店舗、ホテル、オフィスが入る複合施設を2022年の完成を目指し建設する。(2018/8/16)

ビジネスパーソンの獲得目指す:
ドンキの小型店「ピカソ」、目黒駅近に出店 事務用品・弁当など充実
ドン・キホーテの小型店「ピカソ」がJR目黒駅から徒歩約2分のエリアにオープンする。領収書などの事務用品を充実させ、ビジネスパーソンの獲得を図る。弁当なども販売する。(2018/8/6)

肉眼でも景色は楽しめる:
ドンキの観覧車「えびすタワー」にVRゴーグル、何が見えるのか
ドン・キホーテ道頓堀店には観光名所となっている観覧車「えびすタワー」がある。ドンキは8月1日からVR動画を使ったサービスを開始する。肉眼で景色を楽しめるのに、わざわざ観覧車の乗客にVRゴーグルを提供する理由とは?(2018/7/31)

ビジネスモデルを徹底検証:
ドンキはなぜここまで成長できたのか、そして何を目指しているのか
ドン・キホーテの快進撃が止まらない。29期連続の増収増益を達成する見込みであり、コンビニやスーパーが競ってそのノウハウを学ぼうとしている。ドンキの強さの秘密はどこにあるのか。そして、どんな進化をしようとしているのか。(2018/7/31)

ドンキ「安全が確保できないため利用停止する」 MEGAドン・キホーテ立川とテナントのサバゲーフィールドが対立
何があったのか。(2018/7/19)

Wi-Fiも完備:
ドンキ店内に「宅配ロッカー」「フリースペース」出現 多様なニーズに対応
MEGAドン・キホーテ ラパーク成東店(千葉県山武市)の内部に「宅配ロッカー」と「フリースペース」が設置される。再配達の削減と顧客満足度の向上が狙い。(2018/7/10)

ドン・キホーテ、4K動画対応のアクションカメラ 6980円
ドン・キホーテが、4K動画撮影に対応するアクションカメラ「コンパクト防水4K ULTRAHD カメラ」を7月4日に発売する。6980円(税別)。(2018/7/2)

防水性能など充実:
ドンキ、6980円のアクションカメラ発売へ 4K動画撮影に対応
ドン・キホーテが、アクションカメラの第2弾を7月4日に発売する。4K動画撮影に対応したほか、周辺機器が充実した。価格は税別6980円。(2018/6/27)

ファミマとドンキが共同実験店舗 「リアルならではの体験を」
ファミリーマートとドン・キホーテが共同実験店舗をスタート。両社のノウハウを生かし、リアル店舗ならではの買い物の楽しさを追求するという。(2018/5/28)

ドン・キホーテ、1万9800円の2in1ノートPCを6月8日に発売 メインメモリ4GB・内蔵ストレージ32GB
従来機からメモリ倍増。(2018/5/23)

SD対応容量、液晶も向上:
ドンキの1万9800円Windowsタブレット、メモリ倍増
ドン・キホーテが、2in1 PC「ジブン専用 PC&タブレット3」を6月8日に発売する。システムメモリを従来の2GBから4GBに倍増した。SDカード容量を拡大し、液晶パネルの材質も変更した。(2018/5/22)

ドンキ、メモリ4GBに倍増した10.1型2in1タブレット 税別1万9800円
ドン・キホーテは5月22日、同社プライベートブランド「情熱価格」の新製品で2in1ノートの「ジブン専用PC&タブレット3」を発表した。(2018/5/22)

売り上げは好調:
離島に進出するドンキ 客の半分は外国人
ドン・キホーテが離島に出店している。16年にとある島に出店したところ業績が好調だったため、別の島への進出も計画しているという。いったいどのような狙いがあるのだろうか。(2018/5/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“相撲界のドン・キホーテ”を気取った貴乃花親方の誤算
貴乃花親方の没落ぶりが哀れである。元横綱日馬富士の暴行事件が発覚した当初は間違いなく世間のヒーローだったのに、いまは地位や名誉を失い、年収も大幅に減少する。なぜこのような事態に陥ったのかというと……。(2018/4/13)

ドンキの低価格4K液晶テレビがスペックアップして再登場
ドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格 PLUS」の新製品として、「50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ」の第3弾を発売した。価格は据え置きでスペックアップを図っている。(2018/3/9)

衣料、住宅用品も販売:
ファミマ・ドンキの新型店、名称に9年ぶり「ユニー」 なぜ?
ユニー・ファミリーマートHD傘下のユニーとドンキホーテHDが運営予定の新型店舗名が「MEGA ドン・キホーテ UNY」に決定。店舗名に「ユニー」が入るのは9年ぶり。(2018/1/12)

製品分解で探るアジアの新トレンド(23):
ドンキ“衝撃の1万円台PC”、影の立役者は中国製チップだった
ドン・キホーテがプライベートブランドのPCとして発売した「MUGA ストイックPC」。本体価格で1万9800円という衝撃の価格を、なぜ実現できたのか。その裏には、実力を伴った中国製チップの存在があった。(2017/12/11)

ドンキ・湖池屋がコラボ:
片手でOK「ワンハンドポテチ」登場 スマホ汚さず間食
ドン・キホーテが、湖池屋とコラボしたポテトスナック「ONE HAND POTECHI(ワンハンドポテチ)」を発売。中身を直接口に流し込める容器を採用した点が特徴。(2017/12/1)

ドンキ、1万9800円の“激安”ノートPC 14インチのフルHD対応
ドン・キホーテが、14インチのフルHD対応ノートPC「MUGA ストイックPC」を12月に発売する。(2017/11/27)

ドン・キホーテ、1万9800円のWindowsノートPCを12月1日に発売
14.1インチディスプレイなのに約1200g、約7時間駆動というモバイル性。(2017/11/27)

「ストイックPC」:
ドンキ、1万9800円のフルHDノートPC発売 「市場最安」
ドン・キホーテが1万9800円(税別)のノートPC「MUGA ストイックPC」を12月1日に発売する。(2017/11/27)

ドンキが14型フルHDノート「MUGA ストイックPC」を発売 税別1万9800円
ドン・キホーテが、同社のプライベートブランド「情熱価格」初となるノートPCを発売する。14型フルHD液晶を搭載しつつ、スペックを“ストイック”に吟味することで1万9800円(税別)という手頃な価格を実現した。(2017/11/27)

「下手すぎて鼻につきます。0点」 チキパ・渡辺亜紗美が描いたドンペンくん、ドン・キホーテから全否定される
ドンキの仕事失っちゃう……。(2017/9/16)

神保町のドン・キホーテが8カ月で閉店、早さがネットで話題に 理由について広報「テナント経営が最適と判断」
1年以内に閉店するのも、グループの経営判断としては異例ではないとも説明しました。【訂正】(2017/9/14)

神保町「ドンキ」閉店 わずか8カ月で
「ドン・キホーテ神保町靖国通り店」が10月に閉店。2月にオープンしたばかりだった。【更新】(2017/9/14)

「ギャルでーす」“彼女感”写真の佐藤ノア、小悪魔ageha風メイクで天使から大変身
北海道民はドン・キホーテをドンホと呼ぶことにも驚いた。(2017/8/26)

ドンキからフルHD対応の格安アクションカム――防水ケースや自撮り棒が付属して4980円
ドン・キホーテのプライベートブランドから「フルHDカメラ」が登場。IPX8相当の防水ケースや自撮り棒など10点ものアクセサリーが付属して4980円。(2017/8/18)

ドン・キホーテから低価格のHDカメラ発売 防水ケースや自撮り棒など10点付いて4980円
これはSNS写真&動画撮影がはかどる。(2017/8/16)

4980円のフルHDカメラ 防水ケースなどアクセサリ10点を付属
ドン・キホーテのオリジナルブランドから1080p撮影が可能なフルHDカメラが登場。高コスパながらIPX8相当の防水ケースなど多数のアクセサリを付属。(2017/8/14)

「僕はこのゲーム向いてないでしょうか」「はい」 ドン・キホーテ公式がフォロワーの質問にキレキレ回答連発
丁寧かつ雑な回答。(2017/7/25)

“ジェネリックREGZA”として話題に:
ドンキ、5万4800円4Kテレビの予約再開 今回分で生産終了
ドン・キホーテは、販売を一時中止していた5万4800円(税別)の4K対応液晶テレビについて、7月14日午前11時から予約受け付けを再開した。(2017/7/14)

改札口ごとに異なる利用層:
ドンキ、新宿駅近の2店目「新宿東南口店」オープン
ドン・キホーテが、新店舗「新宿東南口店」を7月14日にオープンする。女性客が主なターゲットという。(2017/6/29)

小売・流通アナリストの視点:
GMS大量スクラップ時代の風に乗るドン・キホーテ
総合スーパー(GMS)の店舗再生に定評があるドン・キホーテに対し、ユニー・ファミリーマートが業務提携の検討を始めた。なぜドン・キホーテは注目されているのか。その強さの源泉に迫った。(2017/6/28)

ドンキの4Kテレビ、売れすぎ予約休止 「ジェネリックREGZA」と話題に
ドン・キホーテは、東芝製メインボードを搭載した4Kテレビについて、初回生産分の3000台が発売1週間で完売したと発表した。現在は予約を一時休止している。(2017/6/22)

ドン・キホーテが4K 50型液晶テレビ5万円台で発売 東芝メインボードを使用し「ジェネリックREGZA」の二つ名を得る
低遅延な“ゲームモード”も搭載。(2017/6/15)

「市場最安値に挑戦」 ドンキ、5万円台の50インチ4Kテレビ発売
ドン・キホーテは、プライベートブランドで50インチの4K対応液晶テレビを発売する。価格は5万4800円(税別)。(2017/6/8)

市場最安値に挑戦! ドン・キホーテPB初の50V型4K液晶テレビが登場
(2017/6/8)

ドン・キホーテ、東南アジアに進出 シンガポールに1号店
ドン・キホーテが、シンガポールに「東南アジア1号店」をオープンする。(2017/6/5)

ドン・キホーテのPB「情熱価格PLUS」でアイリスオーヤマのエアコンを販売――人感センサー搭載で4万9800円から
(2017/4/28)

ドン・キホーテ、最短58分以内の配達サービスを発表 東京都大田区で開始し順次拡大
従来製品のデザインや仕様を、消費者の希望で変更できるサービスも予定。(2017/2/6)

食品、日用品など2500点対象:
ドンキ、“最速配達”に参入 「最短58分」の新サービス
ドン・キホーテが、Webサイトで購入された商品を最短58分で配達する新サービスを開始。(2017/2/6)

本をモチーフにした演出も:
ドンキが書店街・神保町に進出
ドン・キホーテが東京・神保町に新店。(2017/2/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。