ニュース
» 2012年08月16日 21時16分 UPDATE

iPod Style:「ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン」 試食会リポート♪

ファミリーマートは、2012年8月14日から9月10日まで、全国のファミリーマート約8900店で「初音ミク 5th Anniversary ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン」を実施している。プレス向けに行われた試食会の模様をリポートしよう。

[戸津弘貴,iPod Style]
iPod Style

 ファミリーマートは、2012年8月14日〜9月10日まで、全国のファミリーマート約8900店で「初音ミク 5th Anniversary ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン」を実施する。 キャンペーン開始に合わせて開催された報道関係者向けの試食会では、グッドスマイルカフェが監修したというコラボメニューをはじめ、26種類のファミリーマート限定販売商品を披露。もちろん、ネットで話題騒然となった「はちゅねミク肉まん」の試食も行われた。

ts_miku_01.jpg

 グッドスマイルカフェ(グッドスマイルカンパニーが運営するカフェ、以下グッスマカフェ)コラボ商品には、さまざまなこだわりが詰まっていた。これまでもさまざまな作品の世界観を表現するメニューを提供してきたグッスマカフェのノウハウをフィードバック。イメージにあった内容になっているという。モノによっては、「そこまでこだわるんですか?」と監修するグッスマカフェのメンバーすら驚くメニューもあったらしい。

ts_miku_02.jpg
ts_miku_03.jpg ミクとルカのねぎまぐろ(卵入り)
ts_miku_04.jpg ザンギマヨおむすび

 「ミクとルカのねぎまぐろ(卵入り)」は、ミク=ネギ、ルカ=まぐろというお約束の組み合わせ。角切りのまぐろに卵黄ソースが加わったぱりっとおいしいおむすびだ。価格は140円。

 「ザンギマヨおむすび」は、初音ミク発祥の地である北海道(クリプトン・フューチャー・メディアの所在地)で、唐揚げを「ザンギ」と呼ぶことから、この名称に。パッケージに使われている写真は、8月28日から始まるHappyくじの賞品でもある「ねんどろいど 初音ミク FamilyMart Ver.」が使用されている。130円。

ts_miku_05.jpg ミクのねぎたまチャーハン
ts_miku_06.jpg リンのオムナポリタン

 「ミクのねぎたまチャーハン」は、MazoPによるミク楽曲「(;`・ω・)チャーハン作るよ!」をモチーフにして、コクのある玉子、ねぎ、エビの代わりにかにかま入りの餡かけをかけたチャーハン。落ち込んでる時に食べたら、笑顔が取り戻せるかも? ネギの量は、もっと多い方が良いのではないか、という議論もあったが、やりすぎるとおいしさに影響が出る(グッスマカフェでもネギ大盛りで、とオーダーする人が居るそうだが……)ので、おいしさを優先するようにネギの量には細心の注意を払ったそうなので、きっとウマウマだと思う。398円。

 リンのオムナポリタンは、グッドスマイルカフェの定番メニュー、オムライスに、同じく定番メニューのナポリタンを包んだもの。白いチーズで鏡音リンのリボンを表現した。別添のケチャップで、好きな文字や絵を描いて完成させるというコンセプト。リンのファンは、若い女の子が多いので、年齢層にもあったメニューとのこと。食べる前に写メしてTwitterにうpしよう。限定40万食。価格は430円。

ts_miku_07.jpg 冷やし中華はじめました(ごまドレ)
ts_miku_08.jpg やきとりはちゅねのチキンバーガー

 「冷やし中華はじめました(ごまドレ)」は、初音ミク楽曲「冷やし中華始めました」をモチーフに、ハム(ピンク)を巡音ルカ、きゅうり(緑)を初音ミク、たまご(黄色)を鏡音リン、紅生薑(赤)をMEIKOに見立てている。「今回は夏に間に合いました」とのこと。40万食限定で、北海道地方での取り扱いはない。480円。

 「やきとりはちゅねのチキンバーガー」は、クラフトPの「『やきとりはちゅね』の店内ソング」をモチーフにしたバーガー。 チキン、長ネギに唐辛子マヨソースをあわせた甘辛な味付けのネギ間風バーガーだ。1つはバーガーを作りたかったということで、「これしかない」となったという。こちらも、40万食限定。260円。

ts_miku_09.jpg ミクの野菜サラダ(ミクバジルドレッシング)
ts_miku_010.jpg ネギみたいなパン(ミルククリーム&ミルクホイップ)

 「ミクの野菜サラダ(ミクバジルドレッシング)」はレタス、キャベツ、グリーンリーフ、ミニトマト、かぼちゃなど10品目の野菜を彩りよく、配置にもこだわったサラダ。ミクをイメージしたバジル風味のドレッシングで、グッスマカフェのスタッフがこだわってこのドレッシングとなったという。シールも、ミクの髪飾りをイメージした黒とピンクの帯で、グッスマカフェのロゴも入っている。 30万食限定で、価格は250円。

 「ネギみたいなパン(ミルククリーム&ミルクホイップ)」は、ネギをイメージした菓子パン。緑と白の生地を合わせてネギの穂先のような形状にするなどのこだわりはファミマの偉い人によるもの。中には、ミルククリームとミルクホイップクリームをサンド。こちらも北海道地方での取り扱いはない。116円。

ts_miku_011.jpg ブリオッシュ(カスタードクリーム&カスタードホイップ)
ts_miku_012.jpg はちゅねのほっぺみたいなパン(いちごジャム&ミルクホイップ)

 「ブリオッシュ(カスタードクリーム&カスタードホイップ)」は、悪ノPによる鏡音リン・レンの有名な楽曲「悪ノ召使」に登場する王女リリアンヌの好物をイメージ。ふんわりとしたブリオッシュ生地にこだわりのカスタードクリームとカスタードホイップを入れた、おやつにぴったりな菓子パンだ。「きょうのおやつはブリオッシュだよ」。126円。

 「はちゅねのほっぺみたいなパン(いちごジャム&ミルクホイップ)」は、「はちゅねミク」のトレードマークの1つである“うずまきほっぺ”をイメージ。白とピンクのパン生地をマーブル状に巻き込み、間に苺ジャムとミルクホイップをサンド。こちらも、ファミマのエライ人が、渦巻の回転数も、はちゅねほっぺと同じになるよう厳命し、苦労の末完成したという。それゆえ? なのか、8月21日から販売となる。120円。

ts_miku_013.jpg シュガーチョコレートワッフル
ts_miku_014.jpg はちゅねミク肉まん(ネギ塩味)

「シュガーチョコレートワッフル」は、Shibayanによる初音ミク楽曲「sugar chocolate waffle」をイメージした商品。チョコ味の生地に大粒のシュガーをトッピングして焼き上げたワッフルだ。パッケージデザインは、とりからさん描きおろしで2種類ある。ミクのファンには小さい子供も多いので、甘いもの(お菓子)の商品化に関しては、こだわったという。126円。

 「はちゅねミク肉まん(ネギ塩味) 」は、「はちゅねミク」をイメージした肉まん。ネットで話題騒然となったあのはちゅねミク肉まんがついに食べられるように。豚肉、玉ねぎにネギを加えたネギ塩味。ネットの画像は、本当はモザイクをかけて公開したのだが、誰かがモザイクを解除したんだと思うなど、当時の裏話も……。ひとつひとつ手作業で作っていると言うことで、パーツの形状は同じだが、蒸し上がった状態では全部顔が違うので、それも見どころだという。80万個限定。180円。

NO.だばあ仕様のペヤングも登場

 グッドスマイルカフェ監修メニューの他にもオリジナル商品が用意されている。

ts_miku_015.jpg
ts_miku_016.jpg 初音ミク ネギ塩ヤキソバ
ts_miku_017.jpg カイトのフルーツソーダアイス

 「初音ミク ネギ塩ヤキソバ」は、パイパンPによる初音ミク楽曲「ペヤングだばあ」をモチーフにまさかのペヤングが商品化を快諾して実現。調理時間は「18,000ms」とパッケージデザイン、表記にもこだわっている。また、「だばあ」(湯切りで麺を全部こぼす失敗)を防ぐ「NO.だばあ仕様」。だばあできるようにするかはギリギリまで悩んだが、知らない人が買ってクレームになってもいけないので、と、No.だばあ仕様となったという。白長ネギと、湯切り後にトッピングする輪ネギなど、ネギの味わいや風味を楽しめる塩ソースやきそば。ふたをめくると……プチョヘンザ プチョプチョヘンザ('A`) 。228円。

 「カイトのフルーツソーダアイス」はアイス好きの「KAITO」のイメージカラーである青を表したソーダ味のアイス。アイスの中には、ラムネとみかん・パイン・りんごが入っている。パッケージのイラストは、8'108さんが商品化にあたり背景にさまざまなボーカロイドのイラストを書き足した特別仕様。アタリ、はないということだが、食べ終わると棒に……。126円。

ts_miku_018.jpg ぽっぴっぽー 未来野菜(ペットボトル)
ts_miku_019.jpg ぽっぴっぽー 未来野菜(紙パック)

 「ぽっぴっぽー 未来野菜」は、ラマーズPの初音ミク楽曲「ぽっぴっぽー」に登場する「未来野菜」をモチーフにした飲料。今回は、一番おススメの緑のジュースが商品化。これであなたも野菜ジュースが好きなる?ペットボトル、紙パックそれぞれ6種類のパッケージを用意。ペットボトルが350mlで158円。紙パックが200mlで105円。200円にすべきという意見もあったが、通常105円、158円で売っているので、同じ価格で出すべきだろうという結論に達したという。200円にこだわる人は、200円を出して、おつりはレジ横の募金箱にでも入れるとよいのではないだろうか?

ts_miku_020.jpg

 オリジナル商品は、食品、飲料だけでなく、ステーショナリーなどのグッズにもおよぶ。

ts_miku_021.jpg 初音ミクオーケストラ ノート
ts_miku_022.jpg 初音ミクオーケストラ 「増殖」付箋(ふせん)

 「初音ミクオーケストラ ノート」は、初音ミクのパッケージをイメージした「ソフトパッケージ風」、初音ミクオーケストラのカバー曲「体操」をモチーフにしたデザインの2種類。B5サイズでそれぞれ280円。

 「初音ミクオーケストラ 「増殖」付箋」(ふせん)は、今秋リリース予定の初音ミクオーケストラ 2ndアルバムのコンセプトである「増殖」より、ミク型の付箋をはっていくことで、ミクが「増殖」することにかけた付箋だ。400円。

ts_miku_023.jpg 初音ミクオーケストラ CDジャケット風メモ帳
ts_miku_024.jpg HMOトランプ

 「初音ミクオーケストラ CDジャケット風メモ帳」は、初音ミクオーケストラの1stアルバム「HATSUNE MIKU ORCHESTRA」のCDジャケットを忠実に再現したメモ帳。メモ帳部分は吹き出しが空白の4コマ漫画風にデザインされており、遊び方いろいろ。440円。

 「HMOトランプ」は、初音ミクオーケストラにまつわる衣装を纏った、初音ミク描きおろしイラストが特長のトランプ。680円。

ts_miku_025.jpg HMO フローティングペン(右)
ts_miku_026.jpg HMO ツインテール二軸ノックペン

「HMO フローティングペン」は、初音ミクの衣装が上下に動くボールペン。ペンを傾けると、水着のミクに衣装が変わる。630円。

 「HMO ツインテール二軸ノックペン」は、初音ミクのツインテールをイメージしてノック部分をデザインした黒と赤の2色ボールペン。525円。

ts_miku_027.jpg 初音ミク メタルチャーム
ts_miku_028.jpg MIKU NO POP

 「初音ミク メタルチャーム」は、初音ミク5種類のデザインに加え、MEIKO、KAITO、鏡音リン・レン、巡音ルカのメタルチャーム。248円。

「MIKU NO POP」は、HMOとかの中の人。(PAw Lab.)によるファミリーマート限定発売のグッズ付きシングルCD。特典として、ラバーストラップ、A4サイズクリアファイルが付く。1500円。

ts_miku_029.jpg

 そのほか、ファミリーマート店頭では、対象商品を含め500円以上購入し、レシートに印字された一口分の応募コードを必要口数貯めて、専用サイトで応募すると、抽選で初音ミク電動スクーターやMP3ウォークマンなどが当たるクローズドキャンペーンも実施する。また、5口貯めて専用サイトにアクセスすると、初音ミクが歌うファミリーマート入店音「ファミリーマートサウンドロゴ」または、「オリジナル壁紙カレンダー」をもれなくプレゼントするという。

ts_miku_030.jpg プレゼント賞品
ts_miku_031.jpg レシートのコード入力で応募する形式

 キャンペーンに際しては、TVCMなども行われる。TVCMには、sasakure.UKxDECO*27によるVOCALOID楽曲「39 (feat. 初音ミク)」が使用されており、iTunes Storeなどでダウンロード購入することが可能。

 また、ファミリーマート店頭では、8月30日発売のPlaystation Vita用ゲームソフト「初音ミク ~Project DIVA~ f」とタイアップした動画が8月14日〜9月21日までの39日間、毎日配信される。動画は、iPhoneアプリ「grabee 」 もしくは、同名のAndroidアプリにて視聴可能。

 8月21日からは、ファミリーマート限定初音ミクHAPPYくじも発売される。1回800円で、初音ミクフィギュアや原画イラスト(複製)、クッションなどの初音ミクグッズがいずれか必ずあたる。

ts_miku_032.jpg

 いくつかの商品は、メディアに配られ、実際に試食することができた。はちゅねミク肉まんおよびカイトのフルーツソーダアイスは、商品説明が終わったあと配布され、熱々(冷え冷え)を味わうことができた。

ts_miku_033.jpg スチーマーの扉を開けるとはちゅねがいっぱい
ts_miku_036.jpg 実際に配布された商品

ts_miku_034.jpg 具だくさんで、美味しい
ts_miku_035.jpg 輸入?!販売は、井村屋

 「はちゅねミク肉まん」については、撮影が終わっても食べあぐね、スタッフの「どうぞ食べてください」という声に促されてそっと口をつける人が多かった(食べるのがもったいない、かわいそうな感じがしたため)。髪の毛や口など、パーツが追加された部分は、その分、皮が厚いという感じの食感だが、具まで届くと、ジューシーでおいしい肉まんが味わえる。ゴロっと存在感がある肉と、噛むとほのかに香るネギの香りがよく合っている。台紙? もオリジナルのデザインになっており、捨てるのが悩ましいことこの上ない。

 カイトのフルーツソーダアイスは、ソーダアイスのシャリシャリした感じに、時折訪れるりんごやパイナップルなどのフルーツの食感が新しく、ボリュームも満点なので、暑い夏を乗り切るのにぴったりなアイスだろう。

 その他の商品は、まだ食べていないが、コンプリートしたいくらいに期待が持てる。グッドスマイルカフェの方、ファミリーマートの方は、商品説明などの際には初音ミクのことを「ミクさん」と呼んでおり、もはや1つの人格をもった人(天使)の扱い。そんな人たちが作ったミクコラボ商品は、きっと満足いく出来になっているに違いない、この夏は、ファミリーマートに通い詰めて、みっくみくな毎日を送るしかない?

Copyright (C) 2002-2016 - iPod Style - All rights reserved.