ニュース
» 2012年08月20日 23時24分 UPDATE

プリンストン、HDMI出力端子を搭載した切替器「デジ像 HDMI-BOX版」

プリンストンは、電源不要のHDMI切替器「デジ像 HDMI-BOX版」を発売。フルHDや3D映像、高解像度4K2Kにも対応しており、複数のディスプレイで利用できるよう4ポートと2ポートの2モデルを用意している。

[ITmedia]

 プリンストンテクノロジーは、、HDMI切替器「デジ像 HDMI-BOX版」2モデルを8月31日に発売する。4ポートモデル「PHM-SW401B」と2ポートモデル「PHM-SW201B」をラインアップ。

PhotoPhoto 4ポートモデル「PHM-SW401B」(写真=左)と、2ポートモデル「PHM-SW201B」(写真=右)

 HDMI対応の複数機器を切り替え、HDMI入力端子付きのテレビやディスプレイへ出力できるセレクター。外部電源は不要で、余計なコンセントを使用することはない。1台の再生機器に対してテレビやプロジェクターなどへの複数出力や、複数の再生機器を1つのディスプレイへ入力することも可能だ。

 3D映像やフルHD、4K2Kといった高解像度の映像が伝送できるほか、HDMIのイーサネットチャネルとオーディオリターンチャネルにも対応。HEAC対応機器同士を接続すれば、HDMIケーブルのみでネットワーク接続/音声出力も可能となっている。

PhotoPhoto 2モデルにそれぞれボックスパッケージ(写真=左)と、ブリスターパッケージ「PHM-SW201B」(写真=右)を用意している。

 4ポート搭載モデル「PHM-SW401B」の実売予想価格は3980円で、サイズは156(幅)×127(高さ)×25(奥行き)ミリ。重量は約287グラム。

 2ポート搭載モデル「PHM-SW201B」は2480円。サイズは104(幅)×124(高さ)×25(奥行き)ミリで、重量は約165グラム。なお、パッケージはボックスパッケージとブリスターパッケージの2種類となっているが、製品本体は同一だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう