ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

  • 関連の記事

「3D映像」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
飛び出す3D特集 - ITmedia LifeStyle

マグロ、ワイン、日本酒……AIが目利き 「10年以上かかる」職人スキルを深層学習で再現
各業界で人手不足が深刻になっているが、特に高いスキルを持つ人材の不足が企業にとって大きな課題となっている。(2024/2/14)

マグロ、ワイン、日本酒……AIが目利き 「10年以上かかる」職人スキルを深層学習で再現
AIなどを活用してベテランのスキルを再現したり、若手に伝承したりする取り組みが進んでいる。昔ながらのアナログなスキルをデジタル技術が支える時代が到来しつつある。(2024/2/13)

SFの「腕時計から映像が飛び出すアレ」を再現! 力業なアイテムが「夢がある」「ステータス見られそう」と話題
好評の末に、アクスタを飾れるバンドへ発展。(2024/2/7)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Apple Vision Proは「極めて未来的なiPad」――あえて渡米してでも買うべきだと感じたワケを改めて語ろう
Apple Vision Proがいよいよ発売された。筆者は渡米の準備を進めており、この記事が載る頃には入手できていると思われる……のだが、そこまでして“初物”の入手に注力する理由を、改めて説明しようと思う。(2024/2/5)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
CES 2024で見えた「空間コンピューティング」の潮流 Apple以外の動きにも注目
1月に米ラスベガスで開催された「CES 2024」では、AppleがApple Vision Proで打ち出した「空間コンピューティング」の萌芽(ほうが)が複数見受けられた。(2024/2/2)

「Edge」で使ってみないと分からない「Windows Copilot」の進化
Copilotといえば「副操縦士」という意味ですが、生成AI以降、その意味は変わってしまいました。そのCopilotをいう名称を多く使っているのが米Microsoftです。(2024/1/30)

Apple Vison Pro、米国で2月2日発売 約50万円
米Appleは、空間コンピュータ「Apple Vision Pro」を米国市場で2月2日に発売する。米国での価格は3499ドル(約50万円)。(2024/1/9)

PR:「あったらいいな」と空想で描いた絵を、Hondaが本気でプロトタイプ化!? 「ラクガキ」を応募するキャンペーンが楽しそう
何気なく描いた「ラクガキ」が、Hondaから世界に紹介されちゃうかも。(2023/11/17)

仮想空間がもたらす変革とは【後編】
「産業用メタバース」はなぜ普及しそうにないのか?
メタバースは製造業をはじめとする産業界での活用が期待されるが、普及が順調に進んでいるとは言い難い。背景にある要因や、メタバースの普及に必要な条件とは何かを解説する。(2023/11/7)

グッドパッチとUXの話をしようか:
100年続く「ディズニーアニメ」の変化 子どもより大人がハマる秘められたメッセージ
10月16日、ウォルトディズニーカンパニーは創立100周年を迎えた。ミッキーマウスの人気に伴い、その地位を確固たるものにしてきた同社だが、最近手掛けるアニメ映画のテイストに変化が見られる。一見子ども向けに見えるアニメにハマる大人が増えてきたのだ。どのようなメッセージが隠されているのかというと……(2023/10/16)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
小林製薬が「VRヨワナイン」の商標を出願/MicrosoftがAI機能「Copilot」を組み込んだ次世代「OneDrive」を発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、10月1日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/10/8)

小寺信良のIT大作戦:
そろそろ進化にも限界? 変わりゆく「アクションカメラ」の今、各社の最新モデルからひもとく
9月にGoProの新モデルHero 12が登場し、2023年のアクションカムも新作が出そろったところだ。そこでアクションカメラのここ数年の歴史を振り返りつつ、今のトレンドを分析してみたい。(2023/9/26)

オタク特有の早口ポエムも炸裂 人気VTuber・周央サンゴ(広報大使)がスペイン村を再訪 壱百満天原サロメとお泊りデートを満喫
今回はおデートですわよー!(2023/9/24)

実機に触れて分かった「iPhone 15 Pro」の美しさ 新しいApple Watchはカーボンニュートラルで製造業の歴史に名を刻む
Appleのスペシャルイベントでは、iPhone 15シリーズや新型Apple Watchシリーズなどの新製品も多数紹介されたが、その先の取り組みを見据えた同社の進ちょくが、大胆にアピールされた。林信行氏が会場で感じたことをまとめた。(2023/9/14)

「iPhone 15 Pro」で現代に復活したAndroidスマホ黎明期の“ある機能” Vision Proとの合わせ技で復権なるか
Appleの「iPhone 15 Pro」に搭載される新機能「空間ビデオ」が面白い。というのもトレンドが12年越しに一周して戻ってきたからだ。スマホのカメラをウォッチしてきた記者が解説する。(2023/9/13)

光源処理のノイズをAIで除去して画質アップ! NVIDIAが「DLSS 3.5」を披露 対応ゲームは2023年秋から順次登場
NVIDIAが、自社製GPU向けの超解像技術「DLSS(Deep Learning Super Sampling)」のアップデートを発表した。最新のDLSS 3.5では、レイトレーシング処理で発生しがちな映像のノイズを取り除く「Ray Recontstruction(レイ再生成)」という機能が実装され、DLSS利用中に失われがちだった「光源処理のディテール」を向上できるという。(2023/8/22)

XREAL Airの可能性を広げる「XREAL Beam」も体験 XR総合展で最新デバイスに触れてきた
6月28日から30日にかけて東京ビッグサイトで「第1回 メタバース総合展 夏」を含む「第3回 XR総合展 夏」が開催された。グローバルシェアNo.1だというARグラス「XREAL Air」をもっと使える新製品を体験してきた。(2023/7/5)

「FF16」が広告ジャック! 東京・新宿では「召喚獣合戦」壁画風の3D映像も
「FINAL FANTASY XVI」の発売は6月22日です。(2023/6/19)

「Apple Vision Pro」を先行体験! かぶって分かった上質のデジタル体験
AppleがWWDC23にて発表したMRヘッドセットが「Vision Pro」だ。これまでのAR/VRなどのHMDデバイスと何が違うのだろうか。林信行氏が真っ先にかぶって分かったことをまとめた。(2023/6/6)

Apple初のMRデバイス「Vision Pro」は欲しい……けど高すぎ? 約50万円 ネットでは意見さまざま
米Appleが発表した、同社初のMRヘッドセット「Apple Vision Pro」についてネット上でさまざまな反応が見られている。「Vision Pro」がTwitterトレンドの上位にランクイン。ユーザーからは値段に対するリアクションが特に多い。(2023/6/6)

3Dオブジェクトを裸眼で見られる27型「空間再現ディスプレイ」 ソニーが「ELF-SR2」を投入
ソニーが2020年以来となる「空間再現ディスプレイ」の新製品を発表した。裸眼で3Dオブジェクトを確認できるディスプレイに注力することで、同社は新たな市場開拓を狙っている。(2023/5/13)

中学生のときに考案したトランプマジックがすごい カードがスルスル通り抜ける魔法のようなトリックに驚きの声
しかも中学生の頃に考えたのだそうです。すごすぎる。(2023/4/6)

製品動向:
川田テクノロジーズと川田工業、3Dデジタル溶接マスクシステム販売開始
川田テクノロジーズおよび川田工業は、3Dデジタル溶接マスクシステムの販売を開始した。溶接士の目線での溶接状況を画像合成技術を用いてデジタル化し、溶接保護面内のHMDにリアルタイムの3次元映像として表示するものとなっている。(2023/4/5)

KDDIのメタバースサービス「αU」は何が新しいのか? ビジネスとして成功するカギは?
KDDIは3月7日、新しいメタバース・Web3サービスとして「αU(アルファユー)」の提供を開始した。まずは5つのサービスを提供し、仮想空間でライブやショッピングなどを楽しめる。3年間で少なくとも1000億レベルの投資を行うという。(2023/3/8)

これこそ俺たちが求めていたもの……! 3D映像のキャラと会話できるシステムが話題に テキスト生成AIと読み上げ技術活用
キャラクターは「Looking Glass」で表示しています。(2023/3/5)

「3D」で変わるコミュニケーション【後編】
通話中に「相手の3D映像」を見て何がうれしいのか? その“さえた答え”
欧州の通信電話事業者4社が協業して、3D映像を使ったコミュニケーションの実証実験に取り組んだ。なぜ3Dなのか。どのような効果を期待しているのか。(2023/1/17)

維持管理:
北海道電力が“火力発電所”の巡視点検で、「HoloLens 2」を活用したアプリを独自開発 技術承継の壁をDXで解消
北海道電力とアバナードは、火力発電所における全く新しい巡視点検業務用アプリケーションを共同開発した。アプリ開発は、北海道電力が火力発電所でのDX推進として進めてきた取り組みの1つで、国内で初めて火力発電所の巡視点検業務にMR技術を採用した。(2022/12/23)

AR:
変電所屋外設備の保守にARを活用する検証を実施、プレミアムアーツら
プレミアムアーツ、マーターポート、PTCジャパンの3社は、中部電力とともに、拡張現実や空間データプラットフォームを活用し、屋外での設備操作に対する安全と信頼性の確保に向けた検証を行った。(2022/12/13)

新宿の3Dビジョンにν(ニュー)ガンダム登場 サザビーとの激戦が「逆襲のシャア」さながら
対戦ゲーム「GUNDAM EVOLUTION」のコンソール版リリース記念プロモーション。「PCだけじゃない!」(2022/12/7)

今日のリサーチ:
購買のきっかけはYouTubeやフリマアプリ、店舗で買い物中にスマホで情報収集……など 2022年の消費者トレンド
オムニチャネル化が加速しています。アドビが実施した「消費者動向調査2022」の結果から注目すべき4つのポイントをまとめました。(2022/11/28)

W杯のボールにはセンサー搭載 大会を支えるAI、コネクテッド技術とは
サッカーワールドカップ・カタール大会では、AIやコネクテッド技術が試合のジャッジに活用されている。「半自動オフサイド判定技術」により、迅速な判断が可能になり、試合結果にも表れている。(2022/11/24)

Innovative Tech:
肩に寄生するヘビ型ロボット 多関節を遠隔から操作 早稲田大などが技術開発
早稲田大学中島達夫研究室、カタールのQatar Universityの研究者らは、肩の上で動作するヘビ型ウェアラブルロボットを提案した研究報告を発表した。肩から出た8自由度のロボットを、遠隔から別のユーザーが視覚と聴覚のフィードバックを受けながら操作する。(2022/11/16)

新作「ポケモンSV」の御三家が飛び出してアピール! クロス新宿ビジョンに「ニャオハ」「ホゲータ」「クワッス」が登場
期間は11月25日まで。(2022/11/12)

VR/AR/MRニュース:
変電所屋外設備の保守に対するAR活用の検証を実施
PTCジャパン、プレミアムアーツ、Matterportは共同で、変電所屋外の設備保守に、ARや空間データプラットフォームを活用する検証を実施した。変電所屋外での操作支援に対して、ARの表示精度が安全と信頼性の確保に寄与できる可能性を確認した。(2022/11/7)

房野麻子の「モバイルチェック」:
月面でのモバイル通信も! KDDI総研が挑む「6G時代」の夢広がるプロジェクト
KDDI総合研究所の先端技術研究所(埼玉県ふじみ野市)が、報道関係者向けに研究プロジェクトを紹介するイベントを開催した。Beyond 5G/6Gでの実用化を目指した、まだ研究段階のものが多かったが、実現すればユーザーがより快適になる、未来への夢が広がる技術だ。興味深いプロジェクトの一部を紹介しよう。(2022/10/30)

好きな方向から視聴できる3D映像をAIで生成 PFNが「NeRF」技術を応用
複数カメラで撮影すると、それを3Dモデルに変換し、好きな方向から自由に閲覧できる3D映像を作り出す──。そんな技術「PFN 4D Scan」をPreferred Networksが開発した。(2022/10/26)

建築デジタルツイン:
360度撮影で日本全域の建築空間を3Dデータ化、Matterportの市場戦略と最新Pro3など製品群
建築物のデジタルツインなど空間データ利活用分野のリーディングカンパニーである米Matterportは2022年4月、日本法人となるマーターポートを設立した。2017年の日本上陸以来、Matterportはあらゆる建物空間のデジタルツインを誰でも容易に作成できるソフトウェアを提供し、主に建築・建設分野で急成長してきた。日本法人設立を機に販売支援体制の確立を推進し、導入支援とサポート体制を拡充させ、幅広い分野へ展開していくことを目指している。(2022/10/11)

購買欲・サステナビリティ・CX向上:
PR:2Dから3Dへ ビジネスの“ゲームチェンジ”とクリエイターの挑戦を支援するAdobe Substance 3D
(2022/10/3)

組み込み採用事例:
飲料陳列棚の補充業務をするAIロボット、大手コンビニへ導入開始
Telexistenceは、AIロボット「TX SCARA」の国内量産を開始した。2022年8月下旬から、ファミリーマートの主要都市内300店舗に順次導入し、人間の代わりに冷蔵庫内の飲料補充業務をする。(2022/9/6)

エイサー、裸眼での立体視に対応した15.6型4K液晶ディスプレイ
日本エイサーは、裸眼立体視機能を備えた15.6型液晶ディスプレイ2製品を発表した。(2022/8/31)

人気IPとコラボ:
「呪術廻戦・ザ・リアル・4-D」がUSJに登場 オリジナルフードやグッズも販売
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、アニメ「呪術廻戦」との初コラボとなる「呪術廻戦・ザ・リアル・4-D」を、9月16日から登場させる。(2022/8/29)

業務改善/組織改革を実現したプラットフォーム「Qumu」:
PR:レガシー技術の伝承から先端テクノロジーの共有まで NTT東日本が実現した「現場主導」の映像DXとは
メタルや光の回線事業から、デジタル技術を活用した地域課題の解決に領域を広げるために、AI・IoTなど新技術の導入を模索するNTT東日本では、社員教育やベテランから若手への技術の伝承に課題を抱えていた。そんな同社が導入したのが、ブイキューブが提供する動画プラットフォーム「Qumu」だ。Qumuによって現場主導の業務改善、そして組織改革を実現できたというNTT東日本の事例を基に、映像DXがもたらす効果について解説していく。(2022/9/2)

猫系ポケモン、新宿駅東口で3D映像に YouTubeのライブ配信も
ポケモン社は8日、新宿駅東口の大型街頭ビジョン「クロス新宿ビジョン」で「ポケモンGO」のオリジナル映像を公開すると発表した。(2022/8/8)

3Dになったニャースやニャスパーがかわいい! 「クロス新宿ビジョン」に“ニャ”と“ネコ”のつくポケモンが出現
ゲーム「ポケモンGO」内のイベントも同時開催です。(2022/8/8)

三菱自動車、キッザニア福岡で「運転免許試験」「カーデザイン体験」を提供
三菱自動車工業は、7月31日に開業した「キッザニア福岡」にパビリオンを出展した。「運転免許試験場」と「カーデザインスタジオ」の2つのアクティビティを通じ、将来のモビリティ社会を担う子どもたちの育成を支援する。(2022/8/2)

突如渋谷に現れた“超巨大な秋田犬”がかわいすぎる! 本当にその場にいるかのような3D映像に思わず大興奮
1時間に1回30秒しか見ることができない、レア映像です。(2022/8/1)

漫画の世界がリアルに:
USJ、呪術廻戦と初コラボ 4Dアトラクションが期間限定で登場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に、シアター・ショー・アトラクション「呪術廻戦・ザ・リアル4-D」が期間限定で登場する。呪術廻戦とのコラボは今回が初めて。作品史上初の3D映像と音響・照明、風圧や振動、水しぶきなどの特殊効果により、リアルな「呪術廻戦」の世界を提供する4Dアトラクションとなる。(2022/7/25)

FAニュース:
最短約3秒で測定可能、スポット溶接自動検査システムを導入
東芝インフラシステムズは、同社のスポット溶接自動検査システムが、進和の構築する検査設備に組み込まれる予定であることを発表した。自動車の車体や、その部品接合に用いるスポット溶接を自動で検査可能なシステムとなる。(2022/6/17)

VR空間で現実の見え方を再現する「ライトフィールドHMD」、NHK技研が公開へ 目の疲れも軽減
NHK放送技術研究所が物体からの反射光を実世界と同じように再現する「ライトフィールド方式」のヘッドマウントディスプレイを開発。26日からの「技研公開2022」で公開する。(2022/5/23)

Innovative Tech:
オートフォーカス付きARヘッドセット 視線に応じて焦点をリアルタイムに自動調整
オーストリアのグラーツ工科大学と米スタンフォード大学の研究チームは、広範囲に渡って着用者が見ているAR空間に焦点を合わせられる、可変焦点可能なビデオシースルー型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を開発した。(2022/4/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。