ニュース
» 2012年09月21日 22時28分 UPDATE

マランツ、192kHz/24bit対応のネットワークオーディオ機能を搭載したユニバーサルプレーヤー「UD7007」

ディーアンドエムホールディングスは、マランツブランドのユニバーサルプレーヤー「UD7007」を10月上旬より発売する。

[ITmedia]

 ディーアンドエムホールディングスは、マランツブランドのユニバーサルプレーヤー「UD7007」を10月上旬より発売する。希望小売価格は15万7500円。

Photo 「UD7007」

 Blu-ray 3DをはじめSACDやDVDオーディオを含む多彩なメディア再生に対応したユニバーサルプレーヤー。独自の高速電圧増幅モジュール「HDAM SA2」をアナログ出力回路のバッファーアンプに搭載し、ハイスピードと低ひずみを実現したという。

ts_marantz03.jpgts_marantz01.jpg ディスク読み取りの精度を上げるオリジナルのフルシールドメカモジュール。アルミカバーとダンパーを搭載している(左)。HDMIはビデオ/オーディオの個別出力対応。XLRバランス出力も備えている(右)

 DLNAによるネットワークオーディオ機能は、MP3、WMA、AAC、WAV、FLACに対応。WAVとFLACについては最大192kHz/24bitのハイレゾ音源再生も可能だ。

 また、DTCP-IPにも対応しており、著作権保護されたデジタル放送番組などのネットワーク視聴をサポート。もちろんiPod touch/iPhoneやAndroidスマートフォンからのリモート操作を可能にする「Marantz Remote App」にも対応した。

 HDMI出力は2系統で、オーディオ信号とビデオ信号の個別出力も可能。またピュアオーディオ機器との接続を想定してXLRバランス出力も備えた。本体サイズは440(幅)×110(高さ)×308(奥行き)ミリ。重量は7.2キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう