ニュース
» 2012年11月19日 14時30分 UPDATE

「Bluetoothスピーカーに個性を」、イメーションが「ワイヤレスブームボックス」など6機種を発表 (1/2)

イメーションは、“TDK Life on Record”ブランドの新製品として、Bluetoothスピーカー6機種を発表した。シリーズ名称は「Bluetooth+(プラス)」。プラスαの機能や個性を併せ持つワイヤレススピーカーだ。

[ITmedia]

 イメーションは11月19日、“TDK Life on Record”ブランドの新製品として、Bluetoothスピーカー6機種を発表した。新たに「Bluetooth+(プラス)」というシリーズ名とし、個性的な機能を持つワイヤレススピーカーを提案する。「今までと違う環境、もっと手軽に使えること、そして付加価値になる機能を考えた」(同社オーディオプロダクトグループの下山秀一マネージャー)。

ts_imation01.jpgts_imation02.jpg 新シリーズのコンセプトを発表する同社オーディオプロダクトグループの下山秀一マネージャー

ts_imation03.jpgts_imation022.jpg 6機種をラインアップ。デザインは、「Xa Premiumシリーズ」のテイストを色濃く受け継いでいる

ブームボックスがワイヤレスに A73

ts_imation04.jpgts_imation05.jpgts_imation06.jpg 「ワイヤレスブームボックス A73」

 「ワイヤレスブームボックス A73」は、昨年リリースした「Xa Premiumブームボックス」のアイコニックなテイストをそのままに、ひとまわり小さくしてBluetoothに対応したモデルだ。本体サイズは432(幅)×102(奥行き)×292(高さ)ミリで、重量は3.9キログラム。

 Bluetooth Ver.2.1、AACサポートにより、ワイヤレス伝送時の音声品質を改善。高域と低域のイコライジング機能(トーンコントロール)で好みの音に調整できるほか、プリセット機能付きのFMラジオと内蔵アンテナ、さらにアナログミニジャックの外部入力も備えた。

 正面の左右に5センチ径のフルレンジスピーカーと13センチの大きなパッシブラジエーターを備え、背面に13センチサブウーファーを搭載した2.1ch仕様で、最大出力は7ワット×2と15ワット(サブウーファー)。内蔵のニッケル水素充電池により、連続6時間の駆動が可能だ。なお、AC駆動時なら背面のUSBポートを使ってスマートフォンなどを充電できる。

 実売想定価格は2万9800円。リモコンが付属する。

サウンドキューブもワイヤレス化  V513

ts_imation07.jpgts_imation08.jpgts_imation09.jpg 「ワイヤレスサウンドキューブ V513」

 「ワイヤレスサウンドキューブ V513」も、既存モデル「プレミアムサウンドキューブ」のテイストを引き継いだ製品だ。こちらはサイズもほぼ継承しており、Bluetoothを使ったワイヤレス機能を追加したモデルといえる。

 立方体に近い筐体(きょうたい)の四隅(角の部分)に5センチ径のフルレンジスピーカーを備え、正面と左右面の中央に13センチのサブウーファーとパッシブラジエーターを装備。「部屋の中央に置くと360度のサウンド、また部屋のコーナーに設置すれば、壁の反射を利用した包み込むような音が楽しめる、“クラブ系サラウンドスピーカー”」(同社)としている。

 もちろんBluetooth Ver.2.1、AAに対応。高域と低域のトーンコントロール機能や、3.5ミリミニジャックの外部入力、ポータブルデバイス充電用のUSBポートなども備えた。

 本体サイズは、229(幅)×229(奥行き)×229(高さ)ミリ。重量は4.2キログラム。ACアダプターやリモコンが付属する。実売想定価格は、2万4800円前後となっている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.