ニュース
» 2013年01月11日 20時58分 UPDATE

JVCケンウッド、スマホライクな操作を実現したAVナビ「彩速」新モデル

JVCケンウッドより、AVナビゲーションシステム「彩速」の新モデルが登場。

[ITmedia]
ts_mdv01.jpg 「MDV-Z700」

 JVCケンウッドは1月11日、AVナビゲーションシステム「彩速」の新モデル3機種を発表した。あわせて、カーオーディオの2013年モデル5機種およびカーオーディオ用スピーカーシステムなどもリリース。1月から順次発売する。

 「彩速」の新モデルは、デュアルコアCPUを採用した「ジェットレスポンスエンジンIII」、およびデータ圧縮技術「S3フォーマット」により、膨大な情報量でも高速レスポンスを実現したという。また新しいプラットフォームの採用により、スマートフォンと同様の直感的なタッチパネル操作が可能になった。

 例えば、フリック(指先で画面に触れて軽く払う)、ドラッグ(指をスライドさせる操作)による地図やリスト表示のスクロール、ピンチ(2本指でつまむように操作)することで地図の拡大縮小が可能だ。また、スマートフォンとナビを接続して、地図画面のリモート操作や目的地設定などができる、デンソーの無料アプリ「NaviCon」にも対応している。

 ラインアップは、DVDドライブをはじめ、USB端子やSDカードスロット、Bluetoothを備えたプレミアムモデル「MDV-Z700」が13万円前後、DVD/USB/SDカードスロット搭載の「MDV-X500」は11万円前後、DVDドライブは非搭載で、Bluetoothを備えた「MDV-R700」が12万円前後となっている。

Photo カーオーディオの新製品もリリース。1DINセンターユニット4モデルと2DINセンターユニット1モデルの計5モデルを用意した。希望小売価格は8400円〜2万5200円

Photo カーオーディオ用のスピーカーシステムなど計12モデルも同時にリリース

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう