ニュース
» 2013年06月13日 22時49分 UPDATE

表面が平たんだから傷つかない、日立マクセルがBD向けの不織布ケースシリーズを発売

日立マクセルは、Blu-ray Discの保管に適した不織布ケースシリーズ4種計20アイテムを発売する。

[ITmedia]

 日立マクセルは、Blu-ray Discの保管に適した不織布ケースシリーズ4種計20アイテムを発売する。ラインアップは、「不織布ケース」「バインダー」「セミハードケース」「不織布収納BOX(不織布別売り)」。いずれもオープン価格で6月25日に発売する。

Photo 4タイプの不織布ケースシリーズ計20アイテムを発売

 従来よりも表面が平たんでやわらかい不織布ケースを採用。これにより、ディスク表面から記録層までの距離が近いBDでも記録面への影響が最小限に抑えられるという。

ts_hikaku01.jpg 従来品との比較

 不織布ケースは、2穴リングタイプにはV字カット、インデックスタイプにはオーバルカットの切れ込みを入れてディスクを取り出しやすくした。またサイドストッパーによりディスクが落ちにくくなっており、接触面にはレーベルインクが貼り付きにくいシボ加工を施したという。ラインアップには、ディスクの収納が50〜100枚や収納面の片面・両面、ホワイト・ブラックの2カラーなど選べるバリエーションを用意している。予想実売価格は400〜800円前後。

 バインダーには、両面収納対応の不織布ケースを付属。リングロック式によりバインダーの開放を防ぐほか、収納や保管に便利な背表紙ポケットも備えた。ケースが付属しないものや12〜20枚入りなどを取りそろえており、予想実売価格は300〜600円前後となっている。

 ファスナー付きで持ち運びやすく、EVA素材のセミハードケースも登場。ケースカラーはブラック、ホワイト、ピンクの3色で、ディスク収納数は24枚と64枚(ブラックのみ)から選べる。予想実売価格は700〜900円前後。このほか、ホワイトとブラウンの収納ボックスも発売する。予想実売価格は600円前後だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう