レビュー
» 2013年06月20日 11時08分 UPDATE

橘十徳の「自腹ですが何か?」:仕事中も快適に! USB接続のスリムタワー型扇風機「GH-USB-FANTS」 (1/2)

USB接続の扇風機は意外と便利。仕事場でPCに接続して使ったり、モバイルバッテリーに接続して屋外で使ったりと、さまざまな使い方ができるからだ。蒸し暑い梅雨をこれで乗り切ろう!

[橘十徳,ITmedia]

 スマートフォンやタブレット、デジカメなど、USBで充電できる機器が身の回りに増えるにつれて、いつのまにかUSBモバイルバッテリーも数が増えてしまった。現時点で筆者は大・中・小と3つのモバイルバッテリーを持っており、それぞれ用途に応じて使い分けているのだが、こんな風にバッテリーを複数持っていると、ますますUSBで動く機器をそろえたくなる。

ts_usbfan01.jpgts_usbfan02.jpg グリーンハウスの「GH-USB-FANTS」シリーズ。パッケージと本体。設置スペースは「およそコップ1つぶん」(同社)

 そこで購入に踏み切ったのが、以前から欲しかったUSB扇風機だ。単純にファンを回すだけでなく、最近ではなんと首振り機能まで付いているものが登場しているというから驚き。USBで駆動する扇風機なら、コンセントの足りない場合でもPCから電源を取れるし、USBモバイルバッテリーやカー用USB充電器を利用して扇風機を回すこともできる。つまり、扇風機が活躍するシーンが増えてくるのだ。

 選んだのは5月に発売したばかりのグリーンハウスの「GH-USB-FANTS」シリーズ。首振り機能に加えて3段階の風量調節機能も搭載しており、なかなか使い勝手がよさそうだ。価格も「NTT-X Store」で1575円と手頃で、ちょうど送料無料キャンペーンをやっていたこともあり購入に踏み切った。

スリムなデザインで省スペース

 「GH-USB-FANTS」シリーズに惹かれたもっとも大きな理由は、そのデザインだ。家電売り場に並んでいるスリムタワー型扇風機をそのまま小型化したような感じで、シンプルでスリムで省スペース。サイズは89(幅)×101(奥行き)×329(高さ)ミリと細長く、質量は約398グラムと軽い。

ts_usbfan03.jpgts_usbfan04.jpg 吹き出し口(左)と吸気口(右)

 付属品はUSBケーブルのみで、長さは約1.2メートル。USB ACアダプターは付属しない。使用する際は、ケーブルを本体背面のDCジャックに差し込む。

ts_usbfan05.jpgts_usbfan06.jpg 背面のDCジャック(左)と付属のUSBケーブル(右)

 ケーブルはPCのUSBポートに接続して使うのならばちょうどいい長さ。ただし、USB ACアダプタを付けてコンセントに接続するケースを考えると、もう少し長いほうが良いかもしれない。

 細長い形状をしているが、じゅうたんなど柔らかいところに置いてもふらついたりはせずしっかりと設置できる。吹き出し口は縦にスリットが開いており、背面の吸気口は大きめの格子状の穴が開いている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.