ニュース
» 2013年06月21日 20時20分 UPDATE

9ボルト電池で「厚みのある音」、エバーグリーンのヘッドフォンアンプ「DNSB-18702」

エバーグリーンはヘッドフォンアンプの新製品「DNSB-18702」を発売した。アナログ入力だけのシンプルなヘッドフォンアンプ。

[ITmedia]

 エバーグリーンは6月21日、ヘッドフォンアンプの新製品「DNSB-18702」を発売した。同社の「上海問屋」限定で、価格は4999円。

ts_denchi01.jpgts_denchi02.jpg 「DNSB-18702」

 ステレオミニ入力だけのシンプルなヘッドフォンアンプ。オペアンプに「JRC4556AD」を採用し、電源に9ボルトの角形乾電池2個を使用することで、「ボーカルを中心に力強い、厚みを増したサウンドが楽しめる」(同社)という。乾電池は、背面の手回しネジを外し、内から電池用の接続端子を引っ張り出して接続する仕組みだ。

ts_denchi03.jpg

 サイズは69(幅)×105(長さ)×24(厚さ)ミリ。重量は乾電池なしで154グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう