コラム
» 2013年09月09日 13時26分 UPDATE

IFA 2013:“曲面”は薄型テレビの最先端?――サムスンの場合 (1/2)

韓国のSamsung Electronics(サムスン)は、「IFA 2013」で2つの“曲面”薄型テレビを披露した。発表済みの曲面有機ELテレビに加え、4K液晶パネルを湾曲させた「Curved UHD TV」を参考展示。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

 韓国のSamsung Electronics(サムスン)は、独ベルリンで開催された「IFA 2013」で2つの“曲面”薄型テレビを披露した。これまで、薄型テレビでは「Flat」(フラット)という表現が使われてきたが、今回はそのさらに先の時代を行くという意味を込めて「Curved」(カーブ)という言葉を全面に押し出してきた印象すら受ける。

ts_samsung02.jpgts_samsung01.jpg 曲面有機EL(フルHD)とIFA開幕前日の記者会見の様子

 サムスンは、開催に先立つ9月6日に現地で記者会見を開き、同社の家電戦略について説明を行った。その場では、すでに発表済みの曲面有機EL(OLED)の実機展示に加え、4Kテレビ戦略、そして大画面テレビとしては最大級となる98V型、110V型の新モデル発表などがトピックだった。

 中でも大きく取り上げられていたのは、1月の「International CES 2013」で参考展示が行われ、その後、実際に製品発表が行われた曲面有機EL(OLED)テレビの55V型最新モデル。「Ultimate Picture Experience(究極の映像経験)」「Timeless Arena Design(悠久の闘技場のようなデザイン)」といったキャッチコピーでその映像品質の高さをアピールしており、とかく「Ultimate」というキーワードがアピールされていたのが印象的だった。

ts_samsung05.jpgts_samsung04.jpg 以前から同社がアピールしてきた、3Dメガネを使って2人同時に別のコンテンツを視聴できる「Multi View」にも対応した

 大画面テレビを曲面にしたのは、映画館の大スクリーンをイメージしたもの。ただし、よく見るとパネルそのものの曲率よりも周囲を支えるフレーム部分の曲がり具合が大きく、実際以上に画面が湾曲している印象を与える。このあたりは、デザイン上の工夫といえそうだ。

ts_samsung03.jpgts_samsung06.jpg 展示会場で横から見ると、パネルそのものの曲率よりも周囲を支えるフレーム部分の曲がり具合が大きいことが分かる(右)

 また展示会場では、同社初の4K有機ELテレビ「UHD OLED TV」を初めて披露した。もっとも、こちらの画面は湾曲していない。

ts_samsung07.jpgts_samsung08.jpg 4K有機ELテレビ「UHD OLED TV」はフラット

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.