ニュース
» 2013年09月24日 21時54分 UPDATE

デジタル放送番組を保存可能:新しい著作権保護技術「SeeQVault」に準拠したmicroSDHCメモリカードを東芝が発売

東芝 セミコンダクター&ストレージ社が、デジタル放送のハイビジョン動画を保存できる次世代コンテンツ保護技術「SeeQVault」(シー・キュー・ボルト)に準拠したmicroSDHCメモリカードを発売する。

[ITmedia]

 東芝 セミコンダクター&ストレージ社は、次世代コンテンツ保護技術「SeeQVault(シー・キュー・ボルト)規格」に準拠したmicroSDHCメモリカードを10月下旬に発売する。

Photo 「SeeQVault」準拠のmicroSDHCメモリカード

 地上デジタル放送やBSデジタル放送などのハイビジョン動画を保存できるmicroSDHCメモリカード。HD画質の放送コンテンツなどをメモリカードに保存して録画した機器以外で再生する場合、従来はコンテンツ保護の観点からSD画質のみに限定されていた。しかし、SeeQVault規格に準拠した本製品を使えば、HD画質の放送コンテンツやDLNAで採用されているDTCPによって保護転送されるコンテンツを、HD画質の状態のまま録画・保存できるようになる。

 容量は32Gバイトの「THNSS032GAB4L3(LB8」と、16Gバイトの「THNSS016GAB4L2(LB8」をラインアップ。いずれも読み出しは毎秒40Mバイト、書き込みは毎秒20Mバイトとなっている。価格はオープンプライスで、店頭では32Gバイト版が8000円前後、16Gバイト版は4500円前後になる見込みだ。

 なお、同社では10月1日から幕張メッセで開催される最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2013」のNSM Initiatives LLCブースにて、新製品とタブレットによるデモ展示を実施する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.