ニュース
» 2014年01月28日 23時16分 UPDATE

トライオード、初の真空管プリアンプキット「TRK-1」を発売――完成品もある

トライオードから、真空管「12AU7」を2本使用した同社初の真空管プリアンプキット「TRK-1」が登場。キットの組み立てが不安なユーザー向けに完成品もラインアップした。

[ITmedia]

 トライオードは、同社初の真空管プリアンプキット「TRK-1」を2月1日に発売する。

Photo 真空管プリアンプキット「TRK-1」

 真空管「12AU7」を2本使用する真空管プリアンプが作成できるキット商品。同社の「TRK-3488」などのプリメインアンプやパワーアンプと組み合わせてシステムをグレードアップできるという。

 信号回路を手配線の接続として「自作マニアにも受け入れられるこだわり」(同社)とする一方、入出力端子やボリュームセレクター周辺の込み入った配線部分は組み立て済みのため、初心者も挑戦できるという。基本回路はSRPP型で低インピーダンス出力を可能とした。

Photo 入力端子は5系統(PHONO、LINE1〜4)で、出力端子はOUTPUT2系統、TAPE OUT1系統

 本体サイズは310(幅)×100(高さ)×310(奥行き)ミリで、重量は5.8キロ。オプションとして、MC/MMフォノイコライザーユニット(1万500円)、リモコン(1万500円)の追加も行える。

 そのほか、キットの組み立てが不安なユーザー向けに完成品もラインアップ。小売希望価格は、キット製品が8万4000円、完成品が10万5000円となっている。

関連キーワード

真空管 | 配線 | 初心者 | マニア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう