レビュー
» 2014年05月13日 13時00分 UPDATE

橘十徳の「自腹ですが何か?」:Lightningコネクターを搭載、英国生まれの多機能アラームクロックスピーカー「XDOCK2」 (1/2)

今回紹介するのは、英KitSoundのアラームクロックスピーカー「XDOCK2」。Lightningコネクターを搭載した目覚まし機能付きのドックスピーカーで、ベッドサイドに置くと便利だ。

[橘十徳,ITmedia]

 最近はBluetoothに対応したアクティブスピーカー(アンプ内蔵スピーカー)が増えているが、その一方で、従来のようなコネクターに直付けするスピーカーも依然として人気がある。コネクター接続なら、端末への充電も同時に行えるというメリットがあり、この点に魅力を感じる人も多いだろう。

ts_ksaudio01.jpg 「XDOCK2」のブラック。ほかにホワイト、ピンク、ブルー、パープルをラインアップしている

 今回紹介する「XDOCK2」はLightningコネクターを搭載したアラームクロックスピーカーだ。英国のオーディオアクセサリーブランド「KitSound」の製品で、iPhoneやiPod touchなどのLightningコネクター搭載iOS機器に対応する(iPadには非対応)。

 スヌーズにも対応したアラーム機能を搭載しているので、ベッドサイドにおいて目覚まし時計の代わりに使うには最適な製品だ。カラーはブラック、ホワイト、パープル、ピンク、ブルーの5色あるが、今回はブラックを選んだ。価格はAmazon.co.jpで7172円。この手の製品としては少し高めにも感じるが、「Made for iPod」「Made for iPhone」の認定済み製品ということもあって納得した。

ts_ksaudio02.jpgts_ksaudio03.jpg パッケージと本体。前面下部に「ks」(kitSound)のロゴが入っている

FMラジオや音声入力端子も搭載

 XDOCK2は、正面左側にiPhoneやiPod touchをセットするドック、右に液晶表示部がある。サイズは160(幅)×70(奥行き)×125(高さ)ミリとコンパクト。電源はACアダプターを使用するが、バックアップ用電池として単四形乾電池を2本使用する。スピーカーはモノラルで、実用最大出力は2ワット。

ts_ksaudio05.jpgts_ksaudio06.jpg 電池ケースは底に配置されている(左)。バックアップ用に単四形電池2本を使用(右)

 操作ボタンは上部に集中して配置している。ボタンはパワー/モードボタンのほか、メニューボタン、ボリューム「+」「−」、周波数設定/時刻設定ボタン、スリープの設定やスヌーズを行うための「Shhhh!」ボタンの計7個だ。

ts_ksaudio07.jpgts_ksaudio10.jpg 上部に操作ボタンがまとめられている(左)。付属のACアダプター(右)

 背面には、電源スイッチとACアダプターを接続する電源コネクター、そして音声入力端子を搭載している。音声入力は3.5ミリステレオミニ。Lightningコネクターを搭載していないAndroid端末や携帯オーディオプレーヤーでも、音声入力端子に接続することにより外部スピーカーとして使用できる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.