ニュース
» 2014年05月16日 09時24分 UPDATE

8Kスーパーハイビジョン――J:COMのケーブルネットワークで伝送実験に成功

ジュピターテレコムは5月15日、日本放送協会(NHK)と協力し、J:COMのケーブルネットワークを経由した8Kスーパーハイビジョン(8K SHV)の伝送実験に成功したことを発表した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 NHKとジュピターテレコムは5月15日、J:COMのケーブルネットワークを経由した8Kスーパーハイビジョン(8K SHV)の伝送実験に成功したと発表した。J:COMグループのケーブルテレビ局であるジェイコムイースト調布局のケーブルテレビ施設から、複数搬送波伝送方式で送信した8K SHV信号を運用中のケーブルテレビネットワークを通じて伝送し、NHK放送技術研究所で8K SHV信号が安定して受信/視聴できることを確認したという。

 8K SHV放送が将来のケーブルテレビ放送サービスの一つとして、現行の大規模都市型ケーブルテレビ施設で配信可能であることが示された。

 5月29日〜6月1日にNHK放送技術研究所で開催される「技研公開2014」において見学できる。

hm_j01.jpghm_j02.jpg 伝送実験のしくみ(写真=左)、伝送仕様(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.