ニュース
» 2014年08月06日 13時30分 UPDATE

ポータブルプレイヤーとポタアンの接続に:グリーンハウス、iriver推奨のAKシリーズ向け光ケーブルとシリコンバンド

ポータブルプレイヤーにポータブルヘッドフォンアンプを組み合わせて音楽を聴くのなら、音質にこだわるのは当たり前。プレイヤーとアンプの接続にも気を遣いたい。グリーンハウスはiriver社のAstell&Kern AKシリーズに対応した光オーディオケーブルを発売する。さらに、プレイヤーとポタアンを束ねるシリコンバンドも発売する。

[ITmedia]

 グリーンハウスは2014年8月6日、光オーディオケーブルの新製品「GH-CBALA0.1-BK」を発表した。iriver社のAstell&Kern AKシリーズに対応する製品で、iriver社が推奨する製品だ。8月下旬発売予定で、価格はオープン。実売予想価格は4500円(税別)。

hs_Greenhouse_AK_Opt_Cable_and_Band_1.jpg Astell&Kern AKシリーズ向けの光オーディオケーブル「GH-CBALA0.1-BK」

 AKシリーズを光デジタル入力端子を持つポータブルヘッドフォンアンプを接続するためのケーブル。ケーブルのプラグは片方が光角型プラグでもう片方が光丸型プラグになっている。持ち運ぶことを想定して、ケーブル長は10センチと短めにしてある。最小曲げ半径は30ミリで、重量は約30グラム。

 光オーディオケーブルと同時にシリコンバンドも発表した。これもAstell&Kern AKシリーズに向けたもので、iriver社が推奨している。ポータブルプレイヤーとポータブルヘッドフォンアンプを重ねて束ねる使い方を想定している。

hs_Greenhouse_AK_Opt_Cable_and_Band_2.jpg iriver社の推奨のシリコンバンド。プレイヤーとポタアンを束ねるときに便利に使える

 長さが14センチのものと16センチのものがあり、それぞれ黒、赤、白の3色を用意している。8月下旬発売予定で、価格はオープン。実売予想価格は長さ、色を問わず650円(税別)。14センチのものも16センチのものも、幅が10ミリのバンドが2本セットになっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.