レビュー
» 2014年10月31日 18時35分 UPDATE

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:OPPO「HA-1」導入記――各種ヘッドフォンとの相性をチェック! (1/2)

OPPO DigitalのDAC内蔵ヘッドフォンアンプ「HA-1」を自腹レビュー。「PM-1」と組み合わせた時の相性や、特典のイヤーパッドによる音の違い、さらに追加リリースされた弟モデル「PM-2」のインプレッションなどもあわせてお届けしよう。

[野村ケンジ,ITmedia]

 まず最初に、一言断っておかなければならないだろう。何を隠そう、筆者はOPPO Digital の「HA-1」を、デスクトップオーディオ用として先日導入させてもらった。先に行われた本田雅一氏との対談を始め、さまざまなレビュー記事で「HA-1」に触れ続けているうちに、どうしても手元に置いておきたくなったのだ。

ts_oppo01.jpg OPPO Digitalの 「HA-1」。写真のブラックに加え、直販限定でシルバーモデルも追加された。直販価格はどちらも15万5000円

 ふと気がついたらオーダーしており、あれよあれよという間に到着。それから早くも3カ月が経ち、100時間あまりの通電によって、内部コンデンサー類もだいぶこなれてきてくれたのか、ダイレクトさときめ細やかさを両立した上質なサウンドを聴かせてくれるようになってきた。

 そこで、今回は「HA-1」の基本機能を振り返るとともに、同じくOPPOから発売されたヘッドフォン「PM-1」と組み合わせた時の相性や、特典のイヤーパッドによる音の違い、さらに追加リリースされた弟モデル「PM-2」のインプレッションなどもあわせてお届けしたい。

 まずはOPPO「HA-1」について。「HA-1」は、OPPOとして初となるUSB DAC搭載のヘッドフォンアンプだ。オールバランス構成の回路とA級動作のヘッドフォンアンプに、Blu-ray Discプレーヤーで実績を培ったESS Technology製の「ES9018」DACをメインコアとしたデジタルパートを搭載し、384kHz /32bitまでのリニアPCMと11.2 MHzまでのDSDという、最新のハイスペック(ハイレゾ)音源に対応した。それをバランス接続ヘッドフォンによる高品位サウンドで楽しむことができるようになっている。

ts_oppo02.jpg ヘッドフォン出力は6.3ミリ標準端子と、XLR4極バランス端子の2つを用意

 また、左右チャンネルの特性が完全に一致するよう、選別品によるペアマッチを施したディスクリート構成のヘッドフォンアンプ部や、日本向けの特別仕様となる100ボルト専用トロイダル電源トランスを採用するなど、随所に音質に対するこだわりが盛り込まれている。それでいて、254(幅)×80(高さ)×333(奥行き)ミリという、デスクトップ設置に向いたコンパクトボディーを実現しているのは、ありがたい限りだ。

 そのほかにも、「HA-1」ならではのアピールポイントは数々ある。まず、入力はPCとのUSB接続に加え(USB B)、iPodデジタル接続(USB A)、 光、同軸、AES/EBUと豊富なデジタル入力を装備。アナログもアンバランス(RCA)とXLRバランスが用意され、さらにapt-X対応のBluetoothまでも搭載されているという充実ぶり。これによって、(デジタル入力メインの)プリアンプとしても、大変扱いやすい製品に仕立てられている。一方、ヘッドフォン出力は6.3ミリ標準端子と、XLR4極バランス端子の2つを用意。一般的なヘッドフォンとバランス駆動ヘッドフォンの両方が活用できる。

ts_oppo03.jpg 豊富な背面端子。アナログ出力もRCAおよびXLRバランスを用意しており、DAC兼プリアンプとして手持ちのシステムに組み込める

 続いては、「HA-1」のユーザビリティーについて紹介していこう。3カ月ほど使い込んでいくうち、使い勝手に関してはとても感心させられた。BDプレーヤーで培ったノウハウが巧みに活かされているのだろう、なかなかに使い勝手の良い製品に仕上がっている。例えば、フロントパネルは電源スイッチとソースセレクター、ボリュームの3つのみで、ソースセレクターをプッシュするとメインメニュー画面が現れ、こちらでディスプレイの表示からヘッドフォンのインピーダンス切り替えまで、すべての設定が行えるようになっている。マニュアルいらずのシンプルな操作性だ。

ts_oppo04.jpgts_oppo05.jpg メニュー画面で表示を切り替え可能(左)。付属のリモコンもクールなデザイン(右)

 リモコンも付属しており、こちらを使えば手元でソース切り替えやボリュームコントロールを行うことができる。iOSアプリ、Androidアプリも提供されており、Bluetooth接続したスマホからもコントロール可能。筆者の場合、デスクトップ設置のためフロントパネルから直接操作することが多く、こちらはまだ試していないが、環境によっては大いに重宝しそうだ。このように、幅広い入力に対応した高機能モデルながら、とても扱いやすいのが「HA-1」ならではの特徴といえる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.