ニュース
» 2014年11月21日 18時00分 UPDATE

3種のオペアンプも付属:玄人志向、組み立て式のUSB DAC/ヘッドホンアンプ「KURO-DAC-KIT」

玄人志向が、組み立て式のUSB DAC/ヘッドホンアンプ「KURO-DAC-KIT」を11月下旬から発売する。店頭での価格は1万円前後(税別)の見込みだ。

[田中宏昌,ITmedia]

 玄人志向は11月21日、はんだ不要で基板とケースを組み立てるUSB DAC/ヘッドホンアンプ「KURO-DAC-KIT」を11月下旬から発売する。店頭での価格は1万円前後(税別)の見込み。

ht_ku01.jpg 「KURO-DAC-KIT」の構成パーツ。はんだは不要だ

 KURO-DAC-KITは、ソケット式のオペアンプ(駆動電圧は15ボルト)に対応したUSB DAC/ヘッドフォンアンプキットで、オペアンプによる音の違いを楽しめるのが特徴だ。オペアンプは「NE5532」が2個(1個は増設用)、音楽用の「MUSE8920」「MUSE8820」と3種類が付属する。ヘッドフォン出力はステレオミニで、最大出力は140ミリワット。USB入力は48kHz/16ビットに対応し、アナログ音声入力端子(RCA、6.3ミリステレオ)も備えている。

 同社のホームページでは、回路図(PDF)のほか、保証対象外ながらオペアンプの交換、電源の強化、DAC電源の安定化などをまとめた「改造指南書(PDF)」も公開されている。

 完成後の本体サイズは104(幅)×138(奥行き)×34(高さ)ミリ)、重量は約280グラム。付属品はACアダプター、USBケーブル、六角レンチドライバー、マニュアルとなっている。

ht_ku02.jpg 完成イメージ。デジタル入力とアナログ入力はフロントのスイッチで切り替え可能だ
ht_ku03.jpg 電源はACアダプタで供給される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.