ニュース
» 2015年01月09日 18時51分 UPDATE

デアゴスティーニとコラボしたタカラトミーの「Robi jr.」発売を1カ月延期

デアゴスティーニの週刊「ロビ」のライセンスを受けて開発された、タカラトミーのパーソナルトークロボット「Robi jr.」の発売が延期された。理由は「生産上の都合により」。

[渡辺まりか,ITmedia]
 Robi jr.

 タカラトミーがデアゴスティーニ刊行の週刊「ロビ」のライセンスを受け開発した、パーソナルトークロボット「Robi jr.(ロビジュニア)」の発売を延期すると発表した。

 ロビジュニアは、デアゴスティーニ・ロビ完成品の幼少期をイメージしたもの。人感センサーを搭載し、幼い子どものようにたくさんの「おしゃべり」をするのが特徴だ。

 2014年10月の発表時には、2015年1月24日に発売を予定していたが、2月28日にこれを延期。同社ではその理由を「生産上の都合により」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.