レビュー
» 2015年12月30日 06時00分 UPDATE

長く使って分かったこと:2015年、コレ買いました――疲れ気味おっさん記者の場合 (1/3)

各分野の専門家が、実際に長く使ってみて「良かった!」あるいは「ちょっとね〜」というものを取り上げる年末企画。第2回はLifestyle編集部のS記者です。しかし、今回はなにやら年齢を感じさせるモノが多いようで……。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 各分野の専門家が、実際に長く使ってみて「良かった!」あるいは「ちょっとね〜」というものを取り上げる年末企画。第2回は黒モノから白モノ、ゲテモノまで興味のままに手を出す物欲の権化、Lifestyle編集部のS記者です。しかし、今年のラインアップは、なにやら年齢を感じさせるモノが多い様子。ここ、ヘルスケア編集部でしたっけ?

S記者の物欲ラインアップ

  • なんだかサイバーなヤツに癒されてみよう フジ医療器「サイバーリラックス」(AS-770)
  • 歯周病ってマジ怖い……「ソニッケアー エアーフロス ウルトラ」
  • 血圧が気になる私に――オムロン「スポットアーム」 

製品名:フジ医療器“サイバーリラックス”「AS-770」

 “肩こり”なんて現象を知らずに過ごした20代も今は昔。日頃の激務に姿勢の悪さも手伝い、30代後半からは腰と肩のコリに常に悩まされるようになった。スポーツマッサージや鍼灸医院に通っていた時期もあったが、毎回数千円も払うのではコスパが悪い。そんなわけで4年前に初めてマッサージ椅子を購入した。

 購入したのはツカモトエイムの「ポルト マッサージチェア」で、当時6万円ほどだったと思う。既にモデルチェンジしているが、先代からコンパクトなサイズとソファーとしても使えるデザインで、わが家でもマッサージチェア兼ソファーとして活躍してくれたのだが、購入から1年も経たないうちに片方の揉み玉を支えるアームが折れた。

 保証期間内だったので背面ユニット全体を無償交換してもらったが、2年後に再び同じ場所が破損。今度は保証もないので自分で分解してみると、アームの付け根を固定していたナットの役割を持つパーツが割れていた。可動部が多く、大きな力がかかるマッサージチェアは壊れやすいということを痛感した次第だ。また、ポルトは揉みほぐしの力も(私にとっては)弱い。そんな経験から、次は少々高価でも本格的なモデルにしようと決めていた。

量販店の長期保証は内容をしっかりチェック!

 「ヨドバシakiba」で複数のモデルを実際に試し、購入したのはフジ医療器“CYBER-RELAX”(サイバーリラックス)の新製品「AS-770」だ。購入の決め手は、新開発「つかみほぐしメカユニット」の揉み玉の飛び出し具合と力強さに惚れたこと、そしてフル装備ながらも使用しないときは比較的コンパクトになるデザインだ。ブラックとシルバーのツートンカラーも“サイバー”でかっこいい。

ts_cyber01.jpg 「AS-770」。なんだかサイバー

 購入時にはポイント5%分を使ってヨドバシ独自の5年間有料保証に入った。こうした量販店独自の長期保証はとても助かるものだが、契約内容はしっかり確認しておこう。ヨドバシの場合、保証されるのは出張修理にかかった金額の一部(購入から2年未満で80%、2年〜3年未満は70%、3年〜4年未満60%、4年〜5年未満は50%)で、現金ではなく後日ゴールドポイントで返還する仕組み。保証が受けられる回数は製品によるが、基本的には1回となる。

 今回は過去の経験上、マッサージチェアは壊れるモノだと思っていたので迷わず加入したが、一方で量販店の長期保証をメーカー保証の延長のように考えている人は認識を改めたほうがいい。

本格派の力強さに脱帽

 さて、わが家にやってきたサイバーなヤツは存分にその力を発揮してくれている。AS-670にはお任せコースに加えて個別メニューがいくつかあるが、中でもお気に入りは「腰ハードもみ」。前に使っていたポルトよりも揉み玉が数センチは前に出てくるため、こり固まった左右の背筋をまとめてガッチリとつかみ、両側からグイグイと突き崩してくれる。これは人間でもなかなかできない技だ。

ts_cyber02.jpg リモコンのカバー内に部位ごとの“専門技”がある
ts_cyber03.jpg 揉み玉の飛び出し具合をiPhone 6で計測中。標高は“半iPhone”くらい

 エアーバッグとかいう高級装備もお気に入り。エアーの力で両肩をガッチリと固定した状態で、後ろから揉み玉に背中を押されると気持ちいい。やはり低価格モデルとはレベルが違う装備と力強さは魅力だ。

 不満といえば、肩の位置を検出するセンシングに時間がかかるのと、どうもセンシングの結果が肩というより首にいってしまうことか。ついついセンシングの途中でマニュアル設定に切り替えてしまう。

 購入してまだ2カ月だが、サイバーリラックスはわが家のリビングに欠かせない存在となった。風呂上がりには必ず“ピットイン”して1日の疲れを癒す。あとは、なるべく長持ちしてくれることを祈るばかりだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)
  10. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)