ニュース
» 2016年02月05日 14時00分 UPDATE

ULTRASONE、装着感を向上させたプロフェッショナル向けヘッドフォン新製品「PRO900i」「PRO2900i」

ULTRASONEのプロ向けヘッドフォン2機種がリニューアル。音響面はそのままに、ヘッドバンドの構造を見直した「PRO900i」および「PRO2900i」が登場。装着感が向上したという。

[ITmedia]

 タイムロードは2月4日、ULTRASONEブランドのプロフェッショナル向けヘッドフォン「PROシリーズ」において、2機種のモデルチェンジを発表した。現行モデル「PRO900」および「PRO2900」の改良版となる「PRO900i」「PRO2900i」を2月12日に発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格はいずれも7万2000円前後(税別)となっている。

ts_ultrasonepro01.jpg 「PRO900i」

 音響面はそのままに、ヘッドバンドの構造を見直したリニューアルモデル。主な変更点はヘッドパッドで、頭に全体で装着する形となり、頭部にかかる圧を分散、従来に比べて装着感が向上したという。またヘッドパッドの素材を布地から合成皮革としたことで質感が上がり、汚れにも強くなったとしている。そのほか、従来機では製品に付属していたサウンドチェックCDがダウンロードに変わった。

ts_ultrasonepro02.jpg 「PRO2900i」

 「PRO900i」は、PROシリーズにおける密閉型のトップモデル。チタンプレイテッド・マイラー振動板を採用した40mm径ドライバーに加え、ULTRASONEの特許技術S-LOGIC Plus」や電磁波低減技術「ULE」を採用しており、音楽ジャンルを選ばず、ハイサンプリングのデジタル録音やDSD録音など、高品位な楽曲を楽しめるという。再生周波数帯域は6〜4万2000Hz、インピーダンスは40Ω、感度は96dB。

 一方の「PRO2900i」は、「PRO900i」と同じドライバーを搭載した開放型のトップモデルだ。高い解像度と精確な再現性はそのまま、開放型ならではの伸びやかな抜けの良さと空間感が特徴だという。再生周波数帯域は6〜4万2000Hz、インピーダンスは40Ω、感度は96dB。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.