ニュース
» 2016年03月16日 13時01分 UPDATE

レコードをDSDで残す――ハイレゾ録音に対応したアナログターンテーブル、ソニー「PS-HX500」の提案 (1/2)

ソニーは、アナログターンテーブルの新製品「PS-HX500」を4月16日に発売する。お気に入りのレコードをデジタル化し、ハイレゾウォークマンなどで持ち歩くといった使い方を提案する。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ソニーは3月16日、アナログターンテーブルの新製品「PS-HX500」を発表した。年初の「CES 2016」に参考出品され、注目を集めたDSD録音対応モデル。お気に入りのレコードをデジタル化し、ハイレゾウォークマンなどで持ち歩くといった使い方を提案する。4月16日に発売予定で、希望小売価格は6万1000円(税別)。

ts_pshx12.jpg 「PS-HX500」

 PS-HX500は、MMカートリッジ対応のフォノイコライザーを内蔵したベルトドライブ式のアナログターンテーブルだ。新設計のストレートトーンアームはシェルとアームを一体型して強度を高めたもの。「この価格帯で音質優先で設計すると一体型がいい」(同社)という。MMカートリッジ(メーカーは非公開)も標準で付属するため、アナログレコード初心者にも適している。

ts_pshx07.jpg 新設計のストレートトーンアーム
ts_pshx04.jpg アームは小型の丸形シェルが一体化したインテグレーテッドタイプだ
ts_pshx05.jpg ピポット軸受けを支えるハウジングは円筒形に設計して強度アップ

 プラッターは重量バランスの良いアルミダイキャスト製で、ラバーマットにはレコード面と密着して不要共振を抑える新設計の5mm圧マットを採用、安定したトレースをサポートする。またプレーヤー本体のキャビネットには30mm厚の音響用MDFボードを採用。独自の偏心インシュレーターで機械的な共振を防ぐ。

ts_pshx01.jpg ラバーマットをめくったところ。ベルトドライブ式

 なお、一体型トーンアームはシェルやリード線を分離することができないため、カートリッジ交換は「おすすめしない」という。「できないことはないが、ユニバーサルタイプと違って作業は煩雑だ。誤ってリード線が切れたりするとアーム全体の交換になってしまう」(同社)。またフォノイコライザーのスルー設定も可能だが、AD変換回路とフォノイコライザーの回路が一体化しているため、外部フォノイコライザーを使用する場合はハイレゾ録音が行えないという。

ts_pshx03.jpg 背面にUSB端子を装備。フォノイコライザーのスルー設定も可能だ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.