ニュース
» 2016年04月08日 20時27分 UPDATE

24mm〜600mm相当までカバー:1型センサーと光学25倍の高倍率ズームを搭載した「RX10 III」

ソニーの1型センサー搭載プレミアムコンデジの高倍率ズームモデルがモデルチェンジ。新開発のレンズユニットを採用し、光学25倍ズームを実現した。

[園部修,ITmedia]

 ソニーが4月8日、高倍率ズーム搭載の1型センサー搭載コンパクトデジカメCyber-shot 「RX10 III」(DSC-RX10M3)を発表した。海外で先行して発表されていた、Cyber-shot「RX10 II」の後継モデルで、5月20日に発売する。価格はオープンプライス。実売予想価格は17万円前後。

Cyber-shot RX10 III Cyber-shot RX10 III

 RX10 III(RX10マーク3)は、新開発の光学25倍ズームレンズを採用したプレミアムコンデジ。35mm判換算で広角端24mm相当から望遠端600mm相当までをカバーしており、開放F値もF2.4〜F4と非常に明るいのが特徴だ。手ブレ補正機能は600mm相当の時でも最大4.5段分を確保している。光学系はED(特殊低分散)非球面レンズ2枚、スーパーEDガラス1枚を含む、計8枚のEDガラスを採用し、ズーム全域で高コントラストでシャープな画質を実現しているという。また高度非球面AAレンズ(advanced aspherical)を採用したことで、小型化も果たしている。絞りは9枚羽根で、美しいボケ表現も可能だ。

Cyber-shot RX10 III 24mm〜600mm相当をカバー

 1型のセンサーは、高速なデータの読み出しに対応したExmor RS CMOSで、有効画素数は約2010万画素。画像処理エンジンにはBIONZ Xを搭載しており、ISO感度は64〜12800までに対応。最高で秒間14コマの連写が可能だ。また特徴的な機能として、最高で1/32000秒のアンチディストーションシャッター、最大40倍のスーパースロー撮影なども用意している。電子シャッターにすれば、シャッター音を消せるため、静音シャッター撮影も可能となっている。約0.09秒の速さを誇る「ファストインテリジェントAF」も搭載した。

 モニターは3.0型で、タッチパネルは非搭載だが、上に約107度、下に約42度チルトする。0.39型の電子式ビューファインダーも備えた。Wi-Fiも搭載しているので、スマートフォンなどとデータのやり取りをすることもできる。

Cyber-shot RX10 III 背面のモニターは3.0型
Cyber-shot RX10 III 上に約107度、下に約42度チルトする

 細かな点では、フォーカス、ズーム、絞りを個別のリングで調整できるようになっていたり、撮影時のフレーミングをサポートするアシスト機能を用意したりと、高倍率ズーム搭載デジカメならではの機能があるのも特徴だ。防塵・防滴性能も持つ。USB充電が可能な点も魅力と言える。

Cyber-shot RX10 III フォーカス、ズーム、絞りを個別のリングで調整できる

 外形寸法は幅132.5×高さ94.0×奥行127.4mm、重さは約1095g(バッテリーNP-FW50、メモリースティック デュオを含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう