レビュー
» 2016年05月15日 06時00分 UPDATE

超短焦点小型プロジェクター「LSPX-P1」とフォトストレージ「おもいでばこ」を組み合わせたら「最強フォトアルバム」が完成した (1/4)

品薄で入手困難なソニーのポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」をバッファローのフォトストレージ「おもいでばこ」と組み合わせてみたら、思いもよらない感動体験ができました。

[君国泰将,ITmedia]

それはステキな出会い

 ソニーのポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」をご存じでしょうか。「居住空間そのものを活用して新しい体験を」というコンセプトを掲げた、ソニーの「Life Space UX」シリーズから登場した製品です。

 たかがプロジェクターと思うなかれ、これがアイデアに富んだ面白い製品としてひそかな人気商品となっていて、2016年2月の発売後から生産が追い付かず、オーダーしても数カ月待ちの品薄状態が続いています。ソニーストア直販価格は9万9900円(税込)で、安くはありませんが、ソニーのプロジェクターとしては求めやすい価格帯です。

 一般的なフロントプロジェクターは本体から離れたところに大画面を投写しますが、LSPX-P1はテーブルや壁際にポンと置くだけで、すぐ近くの場所に映像を映し出すことができます。しかもスピーカー、Wi-Fi、バッテリーまで内蔵しているため、家庭内の好きな場所に移動してワイヤレスで使えます。

 操作は至ってシンプルですが、ユーザーのイマジネーション次第で、いろいろな活用のバリエーションが生まれてくるのがポイントです。今回はLSPX-P1のレビューに加えて、バッファローのフォトストレージ「おもいでばこ」とつないで使ってみたレビューも合わせてお届けします。

LSPX-P1+おもいでばこの利用イメージ 家庭で「LSPX-P1」と「おもいでばこ」を組み合わせて使ってみましたが、これは感動モノでした

ただの小型プロジェクターでは断じてない「LSPX-P1」

 まずはLSPX-P1の製品構成を見ていきましょう。「ポータブル」というだけあって、ボディーは小型軽量に作られています。プロジェクター本体の大きさは約81(幅)×131(奥行き)×131(高さ)ミリで、重量は約930グラムです。標準のCDケースを7枚くらい重ねたサイズで、片手でつかんで無理なく持ち上げられます。マットなホワイト調のシンプルなデザインで、見た目はプロジェクターらしくありません。

LSPX-P1(1) LSPX-P1は小型軽量のボディーを採用していて、物理的なスイッチは前面に見える電源だけです。モノラルスピーカー、IEEE802.11a/b/g/nのWi-Fi、Bluetooth 4.0を内蔵しています
LSPX-P1(2) 前面と上面はメッシュとなっていて、前面は白色LEDが光ります。側面はでこぼこなテクスチャーを施したマットなホワイトで統一されています
LSPX-P1(3) あとは、映像を投写する窓だけという、見た目にはまずプロジェクターとは思えないデザインです。冷却ファンを内蔵していますが、プロジェクターとしては静かな動作音です

 LSPX-P1はプロジェクター本体に加えてもう1つ、HDMI入力(とパススルーのHDMI出力)を搭載した「ワイヤレスユニット」がセットになっていて、HDMI出力を備えたAV機器とつなぐことができます。LSPX-P1とワイヤレスユニットは、Wi-Fiで無線LANルーターを介して接続する仕組みです。

 ワイヤレスユニットの大きさは約135(幅)×35(奥行き)×135(高さ)ミリで、重量は約200グラムと、こちらもコンパクトです。これがあるからこそ、ポータブルという特徴が生きてきます。

 といってもピンと来ないかもしれないので説明しましょう。例えば、リビングにあるBlu-ray Discレコーダーなどのプレーヤー機器とテレビの間にこのワイヤレスユニットをHDMIでつないでおきます。すると、テレビをいつも通り使えるのはもちろん、LSPX-P1のプロジェクター本体を家の中で持ち歩き、映画やドラマ、アニメなどのコンテンツをワイヤレスで壁面などに投写して、大画面で楽しめるようになるわけです。

製品構成 LSPX-P1は映像を投写する「プロジェクター本体」と、映像を送信する「ワイヤレスユニット」の2つに分かれています。それぞれのACアダプターやAVマウス、マニュアル類なども付属しています
ワイヤレスユニット(1) ワイヤレスユニットに再生したい機器をつないでおけば、Wi-Fiでプロジェクターとつながって、家中を移動して楽しむことができます
ワイヤレスユニット(2) ワイヤレスユニットから付属のAVマウスをBlu-ray Discレコーダーにセットしておくと、離れていてもプロジェクター本体にリモコンを向けて操作ができます。薄型のデザインなので、AVラックのすき間などにも収まりやすいです
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう