ニュース
» 2016年08月18日 10時30分 UPDATE

写真展:3万枚の中から厳選されたフェティシズムアート作品「おしりとひかがみ展」

シルバーウイークならぬ“シリバーウイーク”に合わせて開催するという。

[井上輝一,ITmedia]

 さまざまな「写真展」を随時案内していく本コーナー。ギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」で2016年9月2日から開催する、伴田良輔氏の 「おしりとひかがみ展」を案内する。

おしりとひかがみ展 おしりとひかがみ展
おしりとひかがみ展 おしりとひかがみ展
おしりとひかがみ展 おしりとひかがみ展
おしりとひかがみ展 おしりとひかがみ展

■「おしり・ひかがみ」がもつアートの可能性
「おしり・ひかがみ」は性的嗜好かはたまたアートなのか!?100人のモデルがいれば決して同じおしり・同じ構図は存在しない、そんな部分にアートの可能性を感じてほしい。これまで約1万作品以上のおしりを撮り続けてきた伴田良輔氏の想いから今回の写真展が実現しました。
今回はあまり馴染みの少ない“膕(ひかがみ)”にも焦点をあて、おしり・ひかがみを合わせた作品数250点以上を浅草橋ギャラリーで展示予定。A0サイズ特大作品なども展示予定です。
当社ではフェティシズムアートの展示会を定期的に開催しており、2016年4月22日〜5月15日には「ふともも写真の世界展」を開催、15,000人以上が来場しました。
今回開催する渋谷の巡回展では「ふともも写真の世界展」から厳選された作品や新作を約300点展示するほか、造形作家 池内啓人とコラボレートした「ふとももデバイス」の展示・販売も行います。
※ひかがみ(膕):ひざの裏側のくぼんでいる所

9月の大型連休は、シルバーウィークならぬ“シリバーウィーク”として、おしりとひかがみ&ふともも写真の世界展で、アートのもつ可能性を感じていただけます。

■「おしりとひかがみ展」みどころ紹介
1) 作品展数250点以上のまさに“おしりとひかがみ”だらけの異空間
今まで撮影した作品数は約3万枚。本展ではその作品はもちろん、未公開ショット、新作まで含めた作品を展示予定です。

2) ひかがみの間
ギャラリー内の小展示スペースを利用して、大型モニターを設置。
ひかがみだけが映し出されることによって、より濃縮されたひかがみの世界をお送りします。

3) 入場特典・はしご特典
先着3,000名への特典として、「おしりとひかがみのオリジナルポストカード」をプレゼント。
また、同時開催・渋谷マルイの「ふともも写真の世界展」と両会場に入場された方の「はしご特典」も準備しております。

4) 作品の展示販売&限定グッズ販売
会場内で作品の展示販売のほか、物販では本会場限定アイテムを多数販売します。クリアファイル、ポストカードや缶バッチなど多数予定しております。数量限定の公式ガイドブックは、未公開ショットや新作ショット、会場内の展示作品も収録した豪華ブックレット仕様です。

5) 会場内撮影可能・SNSに投稿可能
本展示会は会場内での撮影が可能です。撮った写真を各種SNSに投稿可能。“フェティシズムアート”を気軽にシェアできます。
※「ふともも写真の世界展」in渋谷マルイ でも撮影・投稿可能です。

【おしりとひかがみ展:伴田良輔プロフィール】
京都生まれ。20代後半に「独身者の科学」でデビュー後、さまざまなジャンルを越境しながら作家、版画家、写真家として活動している。版画作品の受賞は米国、ポーランドなど内外で多数。1990年代より女性の乳房をクローズアップで撮影。「アサヒカメラ」「日本カメラ」「芸術新潮」「anan」「週刊ポスト」「フライデー」など活躍の幅は多岐にわたる。女性のヒップをクローズアップ撮影したシリーズが「日曜美術館」で紹介され話題に。近年では、新潮社が主催するカルチャー講座「新潮講座」で写真、美術ジャンルの複数の講座を担当している。

<著書>
「HIPS 球体抄」(スペースシャワーネットワーク)
「アリスのお茶会パズル」(青土社)
「にゃんハウス」(左右社)
「BREASTS 乳房抄 / 写真篇」(朝日出版社)
「THE DREAMING BREASTS 夢みる乳房」(東邦出版) ほか多数

■株式会社BACONとは
ブランディングで「核」となるブランドコピー・企業パンフレットの発行、さらに雑誌やイベントの企画・立案・取材・原稿執筆までブランド創出から構築までをダイナミックに提案する。
URL: http://www.bacon.in.net/

■TODAYS GALLERY STUDIOとは
2014年7月にオープン。浅草橋からアート発信することを目的に自社で発案する企画イベントも数多く手掛ける。2015年に開催された「曖昧☆美少女アート展」、「行ける工場夜景展」、「鼻ぺちゃ展」など代表的企画展多数。2016年1月から1カ月間開催された「ねこ休み展 冬 2016」は来場者数11,000人を突破。GW 開催の「ふともも写真の世界展」では15,000人以上の来場を記録するなど、都内で一番話題のギャラリーです。企画・立案はすべてクリエイティブディレクターの浅岡裕季が行う。
URL: http://www.tgs.jp.net/

 また、9月3日から渋谷マルイでゆりあ氏の「ふともも写真の世界展」in 渋谷マルイも開催される。2016年4月に開催された写真展の巡回展で、前回は1万5000人以上が来場したという。ふともも写真に興味を持つ方はこちらも要チェックだ。

写真展の詳細

名称 「おしりとひかがみ展」
開催期間 2016年9月2日(金)〜9月25日(日)
開館時間 11時〜19時
定休日 月曜、なお9月19日(月)は開館
入場 500円(税込)、3歳以下は無料
会場 TODAYS GALLERY STUDIO(東京都台東区浅草橋5-27-6 5F)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう