ニュース
» 2016年10月06日 12時03分 UPDATE

カセットテープ発売50周年:マクセル、1970年代の人気カセットテープ「UD」を復刻

日立マクセルは10月6日、1970年代の人気カセットテープ「UD」のデザインを復刻した製品を発表した。カセットテープの発売50周年を記念したもの。

[ITmedia]

 日立マクセルは10月6日、1970年代の人気カセットテープ「UD」のデザインを復刻した製品を発表した。カセットテープの発売50周年を記念したもの。10分〜90分までの4種類を11月25日から数量限定で販売する。

価格はオープン。10分、46分、60分、90分の4種類があり、実売想定価格は290円〜440円

 マクセルは1966年に国内初のカセットテープを商品化し、今年50周年を迎える。これを記念して1972年に発売した「UD」シリーズのデザインを復刻。再現性を高めるため、ブラックのカセットハーフ(磁気テープや走行関連部品を収めたプラスチック部品)の採用や日本製にこだわった。なお、中身は現行の「UR」グレードとなっている。

ブラックハーフの採用と日本製にこだわった

 マクセルの「UD」は、磁性体にPXガンマヘマタイトを採用したノーマルポジションながら、クロムテープを思わせる黒いカセットハーフなどで人気を集めた。このデザインは1978年のリニューアルまで使用され、ソニーの「HF」などとともに1970年代を代表するカセットといわれている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう