ニュース
» 2016年10月14日 22時22分 UPDATE

VRやドローンもありマス:お腹まわりを計測しちゃうベルト、カッコいい「日本酒セラー」など――「+Style」の新プロジェクトが六本木に集結 (1/3)

ソフトバンクはIoT関連製品のモノ作り支援プラットフォーム「+Style」の新プロジェクトを発表した。ロボットやドローン、VR関連製品など話題性のある製品がずらり。お腹が気になる人向けのスマートベルトもあった。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ソフトバンクは10月14日、六本木の「東京ミッドタウン」で開催されている「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH ひろがるデザイン展」に設けられた特設ブースで「+Style」の新プロジェクトを発表した。

「東京ミッドタウン」のガレリア1階に設けられた特設ブース。+Styleでこれまでに扱ったIoT商品がずらり。一部は購入も可能だ

3Dプリンターを気軽に楽しめる「ラクツク」(アイジェット)

 3Dプリンターは欲しいが、価格や使い方にハードルを感じて二の足を踏んでいる人も多いはず。そんな人達に向け、分割払いと関連サービスをまとめて月々6900円(初回のみ8820円、24カ月払い)で3Dプリンターを提供するサービスが「ラクツク」だ。

「ダヴィンチ 1.0 Pro ラクツクモデル」と配信予定の3Dデータで作られたランプシェードなどが並ぶ。3Dデータ配信は週に1回。最初はランプシェードのようなシンプルなもので、徐々に高度になっていく予定

 本体はXYZprintingの「ダヴィンチ 1.0 Pro ラクツクモデル」で、インテリアに溶け込むオリジナルカラー“ブラック・シルバー”を採用した。また付帯サービスでは、3Dプリンターを使う上で必要になる情報をWebマガジンとして提供するほか、疑問や困ったことを解決するコンシェルジュサービス、3Dプリンターを活用したくなる3Dデータコンテンツの定期配信が含まれる。配信は週に1回の予定だ。「3Dデータを作れない人でもそのまま出力できる」(同社)。なお、配信データはラクツクモデル以外では使用できないという。

東京・秋葉原駅周辺の立体地図。シリーズ化して配信する予定で、組み合わせると大きな立体地図が完成するという。地形マニアにはたまらないサービスかもしれない

IBM Watsonを活用するパーソナルガイドロボット「ZUKKU」(ハタプロ)

 「ZUKKU」(ズック)は、“おでかけを楽しくする”をコンセプトにした持ち運び可能な小型ガイドロボットだ。IBMの人工知能「Watson」とクラウド連携し、位置情報やネット情報、ユーザーの趣味嗜好などをもとにアシスタントとして活躍する。SIMを搭載しているため、緊急時の通報なども可能だ。「シニアやキッズ向けに絞って安価に提供するモバイルロボット。話相手になったり、見守りをしたりする」(ハタプロ)

製品コンセプト
展示された「ZUKKU」のモックアップ

 ただし、製品化はまだ先の話。今回はプロジェクト提案として、+Styleで活用案や追加してほしい機能などの意見を募集する予定だ。「今はフクロウの形をしているが、デザインについても意見をきかせていただければと考えている」

気になるお腹まわりを計測するベルト「WELT」(サムスンC&T)

 サムスンC&Tの「WELT」は、同社のウェアラブルプラットフォームブランド「the humanfit」から登場した新製品。WELTは「ウェルネス」と「ベルト」を掛け合わせた造語で、一言で説明すると「スマートベルト」ということになる。「バックルのセンサーでウエストのサイズを測定し、活動量に応じて健康をチェックする」という。

「WELT」(ウェルト)の概要
展示品
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう