ニュース
» 2016年11月29日 13時23分 UPDATE

目指したのは“家具”――デザイン重視の小型冷蔵庫に秘められたシャープのこだわり (1/2)

シャープがデザインに注力した小型冷蔵庫「SJ-GD14C」を発売する。外観から要素を徹底的にそぎ落とし、インテリアに溶け込むシンプルな外観を目指したという。そのこだわりを聞いた。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 シャープは11月29日、デザインに注力した小型冷蔵庫「SJ-GD14C」を発表した。外観から要素を徹底的にそぎ落とし、「インテリアに溶け込むシンプルな外観を目指した」(シャープ健康・環境システム事業本部のデザイナー、一色純氏)という。

家具のような佇まいを目指した「SJ-GD14C」の「ピュアブラック」。庫内容量は137L
「クリアホワイト」

 見た目はとにかくシンプルだ。前面には大型冷蔵庫の高級モデルに採用しているガラスを小型冷蔵庫として初めて用い、高級感のある佇まいと掃除のしやすさを両立させた。しかもガラス製のドアは天板まで続いているため、前からは本体とドアのすき間が見えない。また扉を開けるためのハンドルや指をかける凹みも見当たらない。側面のすき間に指を入れて扉を開ける仕組みだ。

シャープ健康・環境システム事業本部のデザイナー、一色純氏

 もちろん、キッチンの作りによっては横に壁が迫って扉が開けにくいケースもあるだろう。しかしSJ-GD14Cなら心配はいらない。シャープ独自の「つけかえどっちもドア」は、扉の上下にあるピンを抜いて逆側に付け直すだけで、扉を右開きから左開きに変更できるユニークな構造だ。作業は女性1人でも無理なく行える。「例えば引っ越してみたら逆に開いたほうが設置しやすいといったことは多いはず。“つけかえどっちもドア”は2003年から採用しており、ユーザーの評価も高いです」

上下のピンを外して……
女性1人でも問題なさそうです
逆側にピンを入れ、扉を取り付ける

 天面もシンプルだ。通常はレンジなどを置くために凹みをつけている製品が多いが、SJ-GD14Cの場合はドアのピンを隠すカバーを除くとフルフラット。もちろん耐熱仕様のためレンジなどを置くことはできるという。なにより印象的なのは、上から見たときの扉の薄さ。扉は上端のみ薄くしてトップテーブルを手間まで延ばしたことで非常にすっきりとした天面を実現している。

扉の上部が薄くなっている
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう