ニュース
» 2016年11月29日 17時30分 UPDATE

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月14日〜11月20日):デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」がまさかの急落 (1/2)

デジタル一眼ランキングは、前回11連覇を達成したキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が4位まで一気に後退した。パナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」が初のトップ3入り。

[佐々木千之,ITmedia]

 デジタル一眼ランキングは、盤石の強さでどこまで連勝を伸ばすかと思っていた「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が、トップどころかトップ3からも陥落した。代わって首位となったのは、これまで何度も連続トップを取ってきたキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」(前回2位)だ。2位はニコン「D5500 ダブルズームキット」(前回3位)、3位にはパナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」(前回4位)が入った。

 今回のデジタル一眼ランキングは、ちょっと変わった動きだった。トップ10の顔ぶれは前回とまったく同じで、前回1位だったキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」だけが順位を下げ、その他の機種の並び順は変わらなかったのだ。同機種だけ3つも順位を下げた理由は不明だが、急に不人気になるとは考えられず、一時的に出荷が滞ったのだろうか。一方、パナソニックの機種がトップ3に入るのは、2014年11月の「LUMIX DMC-GF6 ダブルズームレンズキット」以来およそ2年ぶりだ。次回のランキングで「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」の順位がどう動くか注目したい。

 コンパクトデジカメランキングは大きな順位の変動があった。1位はカシオ計算機「EX-ZR210」で変わらないが、2位にソニー「DSC-W810」が前回8位から一気に上昇した。前々回は13位だったのでその急伸ぶりが目立つ。今回のトップ10中、唯一の2014年発売機種なので販売価格の引き下げなどが影響したとも考えられる。好調のカシオ計算機勢は、前回2位の「EX-ZS28」が5位に後退したものの、前回6位の「EX-ZR1700」が4位に上がるなど、まだまだ人気は衰えないようだ。

パナソニック「LUMIX DMC-GF7」 パナソニック「LUMIX DMC-GF7ダブルズームキット」は2015年2月発売の、マイクロフォーサーズ規格の小型ミラーレス一眼カメラ。有効1600万画素Live MOSセンサーを搭載し、女性ユーザーやエントリー層をターゲットにした製品。「LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.」と「LUMIX G VARIO 35-100mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.」がセットになったダブルズームキットだけの販売だ。自撮り向け機能が充実している。ボディーカラーはブラウン、ピンク、シルバーの3色。
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう