ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年03月27日 07時00分 公開

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月24日〜3月1日):デジタル一眼ランキング、オリンパス「OM-D E-M1 Mark III」が発売即ランクイン (1/2)

トップはオリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」が3週ぶりに返り咲き。8位にはオリンパスの新製品「OM-D E-M1 Mark III」が発売即トップ10入り。

[佐々木千之,ITmedia]

 1位オリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」(前回4位)、2位キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」(前回2位)、3位キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」(前回1位)。

 デジタル一眼ランキングは、オリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」が3週ぶりにトップに立った。前回2カ月半ぶりの1位となったキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は1週で3位に後退。4位は前回から1つ上げたニコン「D5600 ダブルズームキット」(前回5位)、5位には前回3位のソニー「α6400 ダブルズームレンズキット」が入っている。今回の注目は8位のオリンパス「OM-D E-M1 MARK III」。2016年発売の「OM-D E-M1 MARK II」の後継となる、オールラウンドプロフェッショナルモデル。集計途中の2020年2月28日に発売されたばかりだが、早くもトップ10入りした。

オリンパス「OM-D E-M1 MARK III」 オリンパス「OM-D E-M1 MARK III」は2020年2月28日発売の、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼カメラ。2016年に発売した「OM-D E-M1 Mark II」の後継機種で、有効約2037万画素のLiveMOSセンサーと、新画像処理エンジン「TruePic IX」を組み合わせ、オールラウンドプロフェッショナルモデルという位置付けだ。レンズ内手ブレ補正機構とボディー内の5軸手ブレ補正機構をシンクロさせて、最高7.5段の手ブレ補正を実現した。暗所や超望遠レンズ使用時でも、三脚を使わず撮影することが可能になるとしている。液晶ビューファインダーは約236万ドット、背面モニターは3.0型2軸可動式の約104万ドット液晶。最高約15コマ/秒の連写が可能。ボディー単体と、ボディーに「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を組み合わせた「12-40mm F2.8 PROキット」がある。写真は12-40mm PROレンズキット
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.