連載
» 2016年12月24日 06時00分 UPDATE

「コスプレするのにいくらかかるの?」 レイヤーの懐事情を聞いてみた (1/2)

[ちぷたそ,ITmedia]
最終回 本記事はとある男装レイヤーさんにフォーカスしたものです

 華やかなイメージがありながらも、一般人にとってはベールに包まれている「コスプレイヤー」という存在。本企画は、そんなコスプレイヤーに対する一般人の疑問を、とあるコスプレイヤーさんに聞いてみるというもので、今回が最終回となります。

N子さん 男装メインで活動するN子さん
疑問 疑問はこちらです

 質問に答えてくれたのは、男装メインで活動しているというN子さん。これまで、「レイヤーって自分に自信があるの?」「かまってちゃんっぽいイメージがある」「カメラマンとの関係ってどうなの?」などの疑問をぶつけてきました。

 今回は、最も疑問の多かった「コスプレイヤーとお金」の問題。コスプレにかかる費用と、コスプレで得られる収入など、お金にまつわるあれこれを聞いていきます。

1回コスプレするのにいくらかかる?

ちぷたそ 今回私が聞いた疑問の中では、「お金」についての疑問がぶっちぎりで多かったですね。やはり、豪華に見える衣装は手間もお金もかかりそうだけど、実際どのようにして用意しているのでしょうか。

N子さん 衣装は自作の場合、もっとお金をかける人もいるけど、私はかけて7000〜1万円って感じです。買うと大体相場は1万5千円ぐらいです。キャラクターによってはそのキャラにふさわしい布が高く、買った方がいい場合もあります。

 ウィッグは、普段愛用しているのは1980円くらいのものですが、もっとハイクオリティーなものになると、1つ7000円ぐらいするので、衣装と同じくらいになります。化粧はプチプラのコスメを中心に使うことが多いですが、シャネルなど高級ブランドの化粧品を使っている人もいます。「どこにお金をかけるか」は、人によりますね。

ウィッグ N子さんによる解説「ウィッグセットです。カットも自分でやりますね。スプレーで形を整えられる場合も多いけど、グルーガンとのりを使うあたりがレイヤー特有かなと。ちなみにのりはレイヤー常備率が高いので、出先で「のり持ってない?」と聞いて「あるよ」と出してきたらレイヤーの可能性があります」

ちぷたそ イベント参加だとお金かからないところも見るけど、大体スタジオ撮影とかはいいお値段している印象です。遠征とかも……。1回いくらぐらいかかるものなんでしょう。

N子さん 私の場合は、撮影スタジオの相場が、休日で1人4500〜5000円とか。プラスカメラマンさん代を負担するから7000円くらいになります。交通費もあるから、新しいキャラクターのコスプレをするのに1回2万円くらいかかってますね。私の場合はこれでも安い方で、スタジオもお金をかける人は1日20万円とかする場所を貸し切ることも。そうなってくると、また話は変わってきますが。

ちぷたそ やはりすごい世界ですね……。みんな一体普段何をしている人なんでしょう。コスプレをして生計を立てている人って、まわりにいますか?

ほとんどが赤字だが、コスプレで生計を立てる人も

N子さん コスプレで生計を立てているレイヤーさんは、私のまわりにはいません。有名なレイヤーさんの中には、撮影者から1人当たり5000円くらいもらって個別の撮影会を開催する人もいます。

コスプレイヤー 中にはコスプレで収益を上げている人もいる(※画像は筆者がイベント会場で撮影したイメージ画像です)

N子さん コスプレで収益を上げている人たちは、Twitterのフォロワーが数千〜数万人いて、コミケで写真集が何千部と売れる人たちで、あとは公式コスプレイヤーをやればお金がもらえるらしいし、コスプレ雑誌でモデルをやればそれなりにもらえると聞いています。そういう人たちは、芸能事務所に所属していますね。同じコスプレイヤーでも活動範囲が違うかなという印象です。私のまわりのレイヤーさんたちは、みんな赤字で家計が火の車です……。

ちぷたそ それぞれのやり方でコスプレを楽しんでるけど、同じ「コスプレイヤー」でもベクトルが違うって感じなんですかねえ。なるほど。

N子さん カメラマンさんの費用もレイヤーが負担するので。だから自分のスタジオ代、カメラマンさんのスタジオ代、キャンセルがあればキャンセル代も自分たちで負担するし、前払いがあれば先に支払うし、衣装代、ウィッグ、小道具……それにロケハンの必要があればその交通費とかも。コスプレはお金がかかります。

ちぷたそ N子さんは撮影の頻度もそこそこありますよね。

N子さん 今月は……7回ある。1週間に1、2回やってることになります。特別なことがあると2〜3万円かかることもあるけど、大体1回1万円を目安にしています。

 例えば、ロケ地って申請することができるんですね。自治体などにロケ申請すれば、無料で貸し出してくれることもあるので。お金がかかる場合でも、1日2000円ぐらい。そういった情報も駆使して、うまくコスプレを楽しんでいます。

ちぷたそ それは知りませんでした。コスプレイヤーさんの豆知識ですね。

コスプレイヤーは死に物狂いで働いている

N子さん お金は、みんな死に物狂いで働いて捻出しています。私は本業と副業で14時間〜16時間労働して生計を立てています。友達になってTwitterをフォローすると、10人に2人くらいは「夜勤行ってきます」みたいなツイートがあって、「夜勤のある仕事ね」と察しています。結構聞いてみると、みなさん堅い職業……表の顔は公務員だったり、一方でキャバ嬢だったりという子もいる。

ちぷたそ レイヤーさんってツイートが多いですよね。「おはよう」から「おやすみ」までつぶやいてるイメージがある。

N子さん 大体19時くらいに「しごおわ(仕事が終わったの意味)」ツイートの波が来ます。一方で、22〜23時くらいに「まだ仕事終わんない死ぬ」って言っている人もいて、社畜とレイヤーを両立させている人も多いという印象です。

ちぷたそ 社畜兼コスプレイヤー……。

N子さん そんな生活で、疲れた顔で仕事から帰ってきて、鏡を見ると絶望するから、週末はガンガン自分をチェンジしないと死にます! 私たちは完全に普段の自分を消し去りたいからこそ、衣装だとかメイクだとかにクオリティーを求めるんです。

ちぷたそ じゃ、じゃあ、自分に自信がない人こそクオリティーを求めるのかもしれない!?

N子さん それは大いにあると思いますーー! 闇だよ!

ちぷたそ 闇を覆い隠す衣装……! 疑問にも「華やかに見えるけど普段は地味そう」というのがあったけど、あながち間違っちゃいないんですね。

N子さん みんな本当にいつ寝てるんだろうって感じです。衣装1着作るのに平均5カ月かかるっていう子もいて、その子も衣装ができるまで寝る間も惜しんで作っています……。みんな、仕事して作って、仕事して作って。深夜に「あーーー間に合わないーーーー」みたいな弱音ツイートも見ます。

ちぷたそ そこまで大変だけど、頑張れる。やっぱりコスプレが好きなんですね。ちなみにコスプレ衣装ってお金だけではなく時間もすごくかかりそうだけど……?

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう