まとめ
» 2017年01月19日 06時00分 UPDATE

3分で分かるNintendo Switch

[井上輝一,ITmedia]

 任天堂が詳細を発表した新型の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」。具体的にどんな機種なのか、ゲームは何ができるのか、1本1本の記事を読まなくても大体分かるように簡単にまとめます。

外に持ち出せる据え置き型ゲーム機

3通りの遊び方ができる「Nintendo Switch」

 Nintendo Switchは任天堂の据え置き型ゲーム機「Wii U」の後継機種という位置付けでありながら、内部バッテリー動作で外でも遊べる機種となっています。画面がある本体部分の両側には取り外し可能なコントローラー「ジョイコン」が付いており、本体に付けた状態で遊ぶ「携帯モード」、本体から外して操作する「テーブルモード」、本体をテレビ画面に出力する「テレビモード」の3通りの遊び方ができます。価格は税別2万9980円、3月3日発売です。

(詳細:Nintendo Switchは3月3日に発売、価格は2万9980円 「スプラトゥーン2」も発表!

 重量はジョイコンと合わせて約398g。重さのイメージは何が近いだろうと比較したところ、350mLのペットボトルがほぼ同じ重さでした。

350mLのペットボトルがNintendo Switchに近い重さ

(詳細:Nintendo Switchの重さをいろいろ比較してみた結果、一番近いのはコレだった

ゲームタイトルは何がある?

本体と同時発売の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」

 ゲーム機を購入するかの決め手はやはり遊べるゲーム。Nintendo Switchの3月の発売と同時に発売するゲームタイトルは、有名どころで「ゼルダの伝説」や「ドラゴンクエスト」など。ジョイコンならではの操作ができる任天堂の「1-2-Switch」も同時発売です。

(詳細:Nintendo Switchと同時発売のゲームタイトルは何がある?

 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」とNintendo Switch本体を一緒に買うと合計は税別3万6960円となります。1月23日からオープンするマイニンテンドーストアで予約可能になり、価格は上がりますがゼルダの伝説の限定版も購入できます。

(詳細:Nintendo Switchやゼルダの伝説が予約できる「マイニンテンドーストア」が1月23日にオープン ジョイコンの色もカスタマイズ可能

 2017年夏にはWii Uで人気を博した「スプラトゥーン」の続編、「スプラトゥーン2」も登場予定です。

Nintendo Switchの発表会場でいち早くプレイできた「スプラトゥーン2」

(詳細:「スプラトゥーン2」を国内最速プレイしてみた!

 その他、「スーパーマリオオデッセイ」「ゼノブレイド2」「ファイアーエムブレム無双」「真・女神転生シリーズ最新作」「Skyrim」「FIFA」シリーズが発売予定です。

(詳細:「スプラトゥーン2」「真・女神転生」最新作など注目タイトル発表! 任天堂最新ゲーム機

「ゲームは1日1時間」機能も搭載

子供のゲーム時間をコントロールする「Nintendo みまもりSWITCH」

 親がスマホアプリ上で1日に遊ぶ時間を15分刻みで設定できる「Nintendo みまもりSWITCH」という機能も搭載されます。親にとっては子供のゲーム時間をコントロールできることがうれしい一方、子供にとっては親の目を盗んでゲームすることもできなくなり、息苦しく思う機能かもしれません。

(詳細:「ゲームは1日1時間」が現実に 「Nintendo Switch」に見守り機能

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう