ニュース
» 2017年10月07日 06時00分 公開

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月25日〜10月1日):デジタル一眼ランキング、ソニー「α6000 ダブルズームキット」2連勝 (1/2)

前回初トップのソニー「α6000 ダブルズームキット」が今週も制した。キヤノンのエントリーモデル「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」は着実に順位を上げてきている。

[佐々木千之,ITmedia]

 デジタル一眼ランキングは、前回に発売後初めて1位となったソニー「α6000 ダブルズームキット」が2連覇。2位は前回首位の座を明け渡したキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」、3位も前回と同じキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が入った。

 3週続いてトップ10の顔ぶれは変わらず、今回も順位が少しずつ入れ替わった。トップ3は前回と同じで、比較的大きく動いたのは前々回10位に初登場で、前回10位から7位に順位を上げたキヤノン「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」。小型軽量の入門機の大本命が早くも順位を上げてきている。一方でこのところ少し元気がないのがオリンパス勢。つい1カ月前まではトップ3を賑わせていたが、今回は5位「OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット」(前回4位)と8位「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」(前回8位)と、下位に沈んでいる。また、最近少しずつ順位を下げてきているのがパナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」(今回10位、前回9位)。そろそろ後継機「LUMIX DC-GF9W」と入れ替わるところだろうか。

キヤノン「EOS Kiss X9」 キヤノン「EOS Kiss X9」は、キヤノンの一眼レフカメラのエントリーモデルであり、超ロングセラーとなった「EOS Kiss X7」の直接の後継機種。有効画素数約2420万画素のCMOSセンサーに最新映像エンジン「DIGIC 7」を組み合わせたところは、上位機種の「EOS Kiss X9i」譲り。AFの測距点は9点、連写も秒5コマで、控えめなスペックではあるが必要十分だ。女性をターゲットにしており、小さめの手でもしっかりホールドでき、操作もしやすいようデザインされている。バリアングル液晶モニターを搭載した一眼レフでは、世界最軽量という約453g(ブラックモデル。バッテリー、メモリーカード込み)。カラーバリエーションは、ブラック、シルバー、ホワイトの3色。ダブルズームキットは「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM」と「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」がセットになっている。
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう