ニュース
» 2017年11月24日 19時58分 公開

同じ4Kでも動画配信とは“桁”が違う――映画監督が見つけたUHD BDの存在意義とは? (1/3)

レーザーディスク以来、次々と登場する新しいメディアに「もうこりごり」と話していた映画監督の樋口真嗣氏。しかしBDとUHD BDを横並びで比較視聴すると考えが変わったようだ。最後には「買い支える」宣言まで飛び出した。

[天野透,ITmedia]

 DEG(Digital Entertainment Group)ジャパン主催の「4K Ultra HDブルーレイ コンベンション」に映画監督の樋口真嗣氏と女優の堀田茜さんが登壇。デジタルメディア評論家の麻倉怜士氏とともに4K対応のUltra HD Blu-ray(以下、UHD BD)で見る映画の魅力を語った。

左から麻倉怜士氏、堀田茜さん、樋口真嗣監督

 DEGジャパンは、映像ソフトメーカーや映像機器メーカーで構成されるデジタルエンターテイメントの普及促進団体。今回のイベントはUHD BDの認知向上を目指したもので、映画好きとして知られる堀田さんはUHD BDの楽しみ方を訴求するスペシャルゲストとして登壇した。麻倉氏から最近Blu-ray Disc(以下、BD)で見たタイトルを聞かれて堀田さんが挙げたタイトルは「ラ・ラ・ランド」と「マリアンヌ」。ラ・ラ・ランドはDVDとBDを持っているものの、最近はBDの高画質がお気に入りで「もうDVDは戻れなくなってしまって」と明かした。

 「自宅で見ているBDは本当にすごくリアリティのある映像で、高画質で繊細なことに驚かされます。マリアンヌではリアリティがありすぎて、まるでブラッド・ピットが目の前に居るように感じるんです。本当に入り込んでしまって、匂いまでしてくるようですね。それから(マリアンヌは)前半と後半で画面の明るさやシーンの調子がぜんぜん違うのが興味深いです。前半は明るいのに後半は暗いのが、まるで2部作みたいに感じます」(堀田さん)

 そんな堀田さんだが、自宅のテレビは「普通の液晶」だという。4Kテレビに対してはかなり興味がある様子で、“画質の鬼”の異名を持つ麻倉氏に対して「(高画質の)見どころや楽しみ方を教えていただけるということで、とてもワクワクしています」と語った。

映画好きでプライベートでもよく映画を見るという堀田さん

 一方の樋口監督は、「稼いだお金は(メディアや機材に)全部つぎ込んでいますよ」と豪語する、30年来のAVファン。自身のスタジオで大型テレビと多数のスピーカーによるシアターシステムを組んでいるという。映画監督という仕事に対しても「結局は映画が欲しい」とし、機材やソフトの購入資金のために働いていたら監督にまでなっていたと語った。

 樋口監督は、日本初のワイドスクリーンタイトルであった「スターウォーズ ジェダイの復讐」を見たくてレーザーディスク(LD)を導入したことを紹介。“最先端”と称して販売されてきた様々なメディアに対しては「何度同じスターウォーズを買ったか」と語り、UHD BDに関しても「勘弁してほしいですね、本当に。また全部買い直さないといけないじゃないですか」と苦笑しながら、やはり興味を抑えきれない様子だ。

 「新しいメディアが出てきては“史上最高”をうたい、毎回それが更新されていくわけですよ。その度に『もうこりごりだ!』と思うんですね。それでも新譜で何が出てくるか検索しては『困ったなぁ……』となっちゃいます。この前『ブレードランナー』の旧作がUHD BDで出た時には、再生環境すら持っていないのにディスクを買っちゃいました。『ラ・ラ・ランド』もそうで、『もう買わない!』と思っているはずなのに、ディスクだけは増えていくんです。まるで真綿で首を絞められているようですよ」(樋口監督)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう