ニュース
» 2018年01月17日 19時52分 公開

VRでシドニー観光と英会話を同時に楽しめるカフェ 六本木ヒルズに期間限定オープン

「TOEIC Program」を運営するIIBCが六本木ヒルズに「英語で話す場」を提供する期間限定のカフェをオープン。KDDIが提供するVR(仮想現実)システムで六本木とオーストラリアをつなぎ、ネイティブスピーカーとのライブコミュニケーションを無料で体験できる。

[ITmedia]

 「TOEIC Program」を運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は1月17日、六本木ヒルズ(東京都港区)に「英語で話す場」を提供する期間限定のカフェをオープンした。KDDIが提供するVR(仮想現実)システムで六本木とオーストラリアをつなぎ、ネイティブスピーカーとのライブコミュニケーションを無料で体験できる。「英語を使う機会を設けてほしい」という人の要望に応える。

VRでシドニーへ

 店名は「TOEIC ENGLISH CAFE presented by IIBC」。目玉は、VRゴーグルを装着してシドニーを疑似体験し、現地に住むネイティブスピーカーと英語で会話するサービスだ。カフェの一角に置かれている卵型シートに座り、VRゴーグルを装着すると、目の前はハーバーブリッジやオペラハウスを臨むシドニー市内の公園。頭を動かすだけで六本木にいながらシドニー観光が楽しめる。体験時間は1回15分程度。

 VRシステムの構築を担当したKDDIによると、シドニー側は公園という立地のため、ネイティブスピーカーの横に民生用の小型全方位カメラを設置し、4つのモバイル回線を束ねて通信帯域を確保したという。「フルHDを超える2.7K(水平解像度が2700ピクセル前後)の映像を伝送しながら会話の遅延は2秒以内に抑えた」(KDDI)

会話をスムーズにするためマイクを持つ
体験者が見ている映像を映し出すモニター

 カフェは「六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペース」に、1月17日(水)〜19日(金)まで期間限定で営業する。

英語を学習しても「話す場がない」

 IIBC広報室の志摩幸枝さんによると、英語を学習しても「話す場がない」「使う機会がない」という人が多いという。このためIIBCは、ネイティブスピーカーと気軽に話せるカフェスタイルのイベントを2016年から実施しており、今回は4回目(東京では3回目)。カフェ内にイーオンの英会話教師が常駐するフリートーキングテーブルを設けたり、J-WAVEの人気ナビゲーターと英語で話せる「SPEAK UP NIGHTS」といったイベントを実施するなど毎回趣向を凝らしている。志摩さんは今回のVR体験について、「VRをきっかけに『英語で話してみたい』という人が増えることを期待している」と話していた。

カフェ外観。六本木ヒルズ2階、「ママン」(クモのオブジェ)のすぐ近く
カフェメニューにはコアラのラテアートがうれしいカフェラテも。1杯600円(税込)
英語で話す、書く能力を試す「TOEIC Speaking & Writing Tests」の体験コーナーもある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10