ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年03月01日 16時53分 公開

CP+2018:オリンパス、「ハンドメイドで作れる」スチームパンクなPENシリーズなど展示

オリンパスは、パシフィコ横浜で開催している「CP+2018」で、デザイナーがハンドメイドでカスタマイズしたミラーレス一眼カメラの「PEN」シリーズや「OM-D」シリーズを展示している。

[井上輝一,ITmedia]

 オリンパスは3月1日、パシフィコ横浜で開催している「CP+2018」で、デザイナーがハンドメイドでカスタマイズしたミラーレス一眼カメラの「PEN」シリーズや「OM-D」シリーズを展示している。

デザイナーがハンドメイドでカスタマイズしたミラーレス一眼カメラの「PEN」シリーズや「OM-D」シリーズを展示

 展示されているのは、スチームパンク風の「E-PL8」や、ボディーをエージングした「E-M5 Mark II」、金のラインやカーボン調の加工を施した「E-M1 Mark II」と「PEN-F」など。

 いずれもオリンパスからカスタム品を販売するものではないが、「デザイナーがハンドメイドで制作しており、(カーボン調のカスタマイズ以外は)特殊な機材は使っていないため素材を用意すれば誰でも作れる。カメラの新しい楽しみ方の1つとしてご提案するもの」(説明員)だという。

真ちゅう素材にエージング処理をした「E-PL9」(左)、木の素材をエージングした「E-M5」(中央)、「E-M5 Mark II」(右)
金のラインやカーボン調の加工を施した「E-M1 Mark II」と「PEN-F」

 オリンパスブースでは、著名なフォトグラファーがステージに上がりOM-D E-M1 Mark IIの魅力を語る「BLUE STAGE」と、PENシリーズやOM-Dシリーズの楽しさを語る「WHITE STAGE」を設けた他、女性向けのワークショップなども行っている。出演するフォトグラファーやモデルは総勢30人以上という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.