速報
» 2004年01月08日 17時32分 UPDATE

ルネサス、CE Linux対応プラットフォームを試作

ルネサステクノロジは、コンシューマー機器向けLinux「CE Linux」対応プラットフォームの試作品を開発したと発表した。

[ITmedia]

 ルネサステクノロジは1月8日、コンシューマー機器向けLinux「CE Linux」対応プラットフォームの試作品を開発したと発表した。電源オンから2秒以内に動画像の表示が可能など、リアルタイム性を高めた。

sk_renesas.jpg

 同社の開発用ボード「RTS7751R2D」とCE Linuxフォーラム(CELF)仕様対応Linuxで構成。ボードにはSH-4コア内蔵の「SH7751R」を搭載し、米Silicon Motionのメディアプロセッサ「SM501」と組み合わせることでビデオオーバーレイやアルファブレンドなどの画像表示機能や、LCDコントローラやUSBホスト機能も搭載した。

 LinuxはCELFが配布しているコードをベースに、リネオソリューションズがSH-4向けに開発したパッチを適用したもの。リアルタイムスケジューラの搭載で電源投入から2秒以内に動画表示、4秒以内にユーザーのキー入力が可能になっているという。今後はカーネル2.6に対応するほか、各種アプリケーションの拡充などを進める。

 米国ラスベガスで1月9日(現地時間)に開かれる「CE Linux Forum 2004」で展示・デモを行う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -