速報
» 2004年03月16日 16時39分 UPDATE

東芝の切手サイズHDDがギネスブック入り

0.85インチHDDが「世界最小のHDD」に認定。2005年版Guiness World Recordsに掲載される。

[ITmedia]

 東芝は3月16日、同社が開発した切手サイズのHDDが「世界最小のHDD」として“ギネスブック”に掲載されることが決まったと発表した。英Guinessが9月に発行予定の2005年版「Guiness World Records」に掲載される。

sk_toshiba.jpg

 東芝が開発した超小型HDDはディスク直径が0.85インチ(約2.2センチ)、本体サイズは32(縦)×24(横)×3−5(厚さ)ミリ、重さ10グラム以下と同社の1.8インチHDDと比べ4分の1程度。容量は2−4Gバイトを想定している。

 1月に米国で開かれた「International CES」で披露された(関連記事を参照)。モバイル機器向けに今秋から量産出荷する計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -