ニュース
» 2004年03月18日 21時32分 UPDATE

ブログ同士の“ハブ”を目指す――OCNの「ブログ人」

OCN非会員も利用できる「ブログ人」。他ブログからのトラックバックを集めるサイトも用意して、ISPやポータルの壁を越えた「ブログのハブサイト」を目指す。

[岡田有花,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズのISP「OCN」は、ブログ(Blog)サイト「ブログ人」を3月30日にオープンする。トラックバックや携帯電話からの投稿などといった基本機能に加え、ECサイト「Amazon.co.jp」と提携したアフィリエイトサービスも提供。操作も簡単にして、これまでブログに触れたことのない初心者層も取り込む狙いだ。2年以内にOCN会員全体の1割にあたる40万人の利用を目指す。

photo トップページのイメージ

 米Six Apartのブログツール「Type Pad」を採用し、「初心者でも3分で作れる」(同社)。画面のテンプレートは、読売ジャイアンツのイメージカラーを配した「巨人」をはじめ、「一般人」「異邦人」「美人」「茶人」などユニークな名前のものを数多く揃えた。

photo テンプレート選択画面

 気に入った本やCDなどを紹介する「私リスト」機能を搭載。本やCDに標記されているコードを専用フォームから入力するだけで、ブログ上に表紙やジャケットの画像が表示され、画像をクリックするとAmazon.co.jpのCD/本紹介ページに飛ぶようになっている。同機能はAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムと連携しており、リスト経由で本やCDが購入されると、アマゾンから一定のポイントが付与される(ポイント付与は有料会員のみ)。

photo ブログのイメージ。右側に「私リスト」で紹介した本などが表示される
photo 「私リスト」の入力画面

 また「日本沈没地図」というトラックバック専用サイトを用意した。各都道府県の情報を、各社のブログからトラックバック形式で投稿できるサイトで、情報が多く集まった地域は地図上で鮮やかな色で表示され、少ない地域は海の色(黒)に近いくすんだ色になるため「その地域が海に沈没したように見える」(同社)。地域別の最新情報が掲載された「生きた地図」を作りながら、他ブログのユーザーも取り込んだコミュニティを作りたい考えだ。

photo 日本沈没地図
photo 日本沈没地図内の北海道のページ。「ご当地の天気」「街の激うまグルメスポット」といったテーマごとにトラックバックを募る

 OCNユーザーは、無料の「はじめの一歩」から1200円の「ジャンプ」まで4つのプランが選べる。非OCNユーザーも各プランを250円増しで利用できるため、「他ISPのユーザーにも使ってもらって大きなブログコミュニティをつくりたい」(同社)。

 それぞれのプランの料金とサービス内容は以下の通り。OCNユーザーなら4月30日まで全サービスを無料で利用できる。

プラン名 月額利用料 機能 容量
はじめの一歩 無料 1つのブログ作成、携帯からの投稿、「私リスト」 30Mバイト
ホップ 300円 「はじめの一歩」+フォトアルバム、ログ管理 50Mバイト
ステップ 700円 「ホップ」+3つのブログ作成、日付指定投稿、テンプレートビルダー拡張 100Mバイト
ジャンプ 1200円 「ステップ」+ブログ作成無制限、複数ユーザーによる管理、MTタグの使用、HTML修正 200Mバイト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -