速報
» 2004年04月23日 09時28分 UPDATE

Network Associates、一部製品を売却し「McAfee」に社名変更へ

米Network Associatesはセキュリティ製品/サービスに特化するため、Snifferネットワーク管理製品シリーズの資産を、Silver Lake PartnersとTexas Pacific Groupに2億7500万ドルで売却。取引が終了し次第、「McAfee, Inc.」に社名変更する。

[ITmedia]

 米Network Associatesは4月22日、Snifferネットワーク管理製品シリーズの売却と「McAfee, Inc.」への社名変更を発表した。セキュリティ製品/サービスに特化するための戦略だとしている。

 同社はSnifferの資産を、Silver Lake PartnersとTexas Pacific Groupに2億7500万ドルで売却する。取引が終了し次第、McAfeeに社名変更するとしている。

 同社は、収益性を高めるためのコスト削減計画も同時発表。これは数カ月前から検討が進められていた計画で、2005年半ばまでに営業利益率25%を目指す。

 同社はまた、第1四半期決算の速報値も明らかにしている。売上高は2億1700万ドル、純利益は1株当たり32セント、実質1株利益は10セントの見通し。

 Silver Lake PartnersとTexas Pacific Groupは、Sniffer資産を買収後、「Network General Corporation」という会社を新設し、Sniffer資産を基盤に、ネットワーク/アプリケーションパフォーマンス関連の製品を展開していくという。

 Network Asscocitesは約2年前にMcAfeeを再統合している(2002年9月14日の記事参照)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -