速報
» 2004年08月11日 08時01分 UPDATE

独ミュンヘン市、Linux移行は「数週間遅れるだけ」

ミュンヘン市庁広報担当官は、EUのソフトウェア特許法令が同市のLinux移行計画に影響を与える可能性について、市当局は長くても「2〜3週間」で判断する見通しだと話している。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Linuxへの移行計画を進める独ミュンヘン市当局は、EUのソフトウェア特許法令案の分析にかける中断期間は、わずか数週間で収まる見通しだと明らかにした。

 ミュンヘン市庁広報担当官のベルント・プランク氏は8月10日、EUのソフトウェア特許法令が同市のLinux移行計画に影響を与える可能性について、市当局は長くても「2〜3週間」で判断する見通しだと話している。「大きく後退」することはないだろうと同氏。

 またプランク氏は、特許法令はまだEU加盟国の間で検討中のもので、欧州議会は来年以降になる見通しの法令制定まで、Linuxへの移行を保留させる考えだとの憶測を打ち消した。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -