ITmedia NEWS >
速報
» 2004年09月03日 20時52分 UPDATE

公取委、MSに対する審判開始を決定

[ITmedia]

 公正取引委員会は、独占禁止法に基づき米Microsoftに対する審判の開始を決めた。第1回審判は10月25日。

 Windowsの使用許諾に絡み、独占禁止法違反(不公正な取引方法)に当たるとして公取委が7月13日に出した排除勧告を同社が拒否したため、審判で同社の主張を聞き、排除命令を出すかどうかを決める。

 審判は裁判の一審に当たる。審決に不服がある場合、取り消しを求める訴訟を東京高裁に起こすことができる。

 公取委によると、MicrosoftはPCメーカーとWindowsの使用許諾契約を結ぶ際、Windowsに使われている技術がPCメーカーの特許権を侵害する恐れがあっても、PCメーカーは訴訟などを起こさないと誓約する「特許非係争条項」を盛り込み不当に拘束、公正な競争を阻害した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.