ニュース
» 2004年10月26日 18時44分 UPDATE

P2Pで無料IP電話「Skype」が日本に本格上陸

高音質が特徴のIP電話ソフト「Skype」を、ライブドアが日本語化し、ポータルサイトで無償提供する。

[岡田有花,ITmedia]

 ライブドアは10月25日、ルクセンブルクのSkype Technologiesと、P2P型の無料IP電話ソフト「スカイプ」の共同配信契約を締結したと発表した。ライブドアは同日、ポータルサイト「livedoor スカイプをオープン。同サイトからスカイプをダウンロード提供する。

yu_livedoor.jpg livedoorスカイプ

 スカイプは、P2P型のVoIP通話機能とインスタントメッセンジャー機能を備えたソフトで、高品質な通話ができるのが特徴だ。ユーザー同士の通話は無料。固定・携帯電話に有料発信できる機能「SkypeOut」も搭載している。

 ライブドアはスカイプを日本語化し、ポータルサイトで無償提供する。まずはWindows版から提供開始し、順次Mac OS X、Linspire、Turbolinux、Pocket PC 2003版をリリースする。

 スカイプは既に有志によって日本語化されており「skype.com」から無料ダウンロードが可能。ライブドアが配布するスカイプは、翻訳の質を高めたほかは、skype.comでダウンロードできるものと同じだ。

 今後ライブドアは、「livedoorブログ」やメール、ショッピングなど同社サービスにスカイプから直接アクセス可能にするアップグレードを予定している。またSkypeOutは現在はユーロ建て決済のみだが、今後は日本円で決済できるようにする。

 将来的には同社のSIPフォンとの相互接続も計画しているほか、無線LAN機能を搭載した携帯電話へのスカイプ搭載も検討する。

 ライブドアの堀江貴文社長は「PC用ヘッドセットメーカーと提携し、ハードとSkypeOut利用券をセット販売するなど、積極的にプロモーションしてきたい」と意気込みを語った。

 Skypeのニコラス・センストロムCEOは「スカイプの日本国内ユーザーは約20万人。ライブドアとのパートナーシップでこれを飛躍的に伸ばし、国内ナンバーワン音声通信サービスを作りたい」と話した。

yu_livedoor_02.jpg 堀江社長(左)とセンストロムCEO

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -