速報
» 2004年11月11日 20時29分 UPDATE

「VISA認証サービス」かたるフィッシング詐欺に注意

[ITmedia]

 ビザ・インターナショナルは、同社のオンライン決済用セキュリティサービス「VISA認証サービス」をかたるフィッシングメールに注意をよびかけている。

 同社は11月8日以降、VISA認証サービスを偽装したメールを受信したと、日本人数十人から連絡を受けたという。同メールは偽のVISAサイトURLにユーザーを誘導し、カード番号や有効期限、パスワードを入力させようとする。メールもURLも同社とは全く関係がないとして、同社は注意をよびかけている。

 メールは不特定多数に送られているため、VISAユーザーのメールアドレスが漏えいした訳ではないとしている。

 同社は、偽サイトのサーバがルーマニア共和国にあると突き止め、同国のISPに連絡してURLの削除を依頼。国内のVISAカード発行会社に警告し、調査チームを発足した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -